誰もが知りたい芸能人に関するマル秘情報を提供していきます

記憶に残る芸能ワダイ

芸能人

上沼恵美子の自宅の住所は?事務所はどこ?

更新日:

Pocket

今回は、上沼恵美子さんについてご紹介したいと思います。

上沼恵美子の経歴

西の上沼恵美子と言われるほどの知名度と存在感を発揮する上沼さんの経歴をご紹介します。

生年月日:1955年4月13日

出身地:兵庫県 南あわじ市

学歴:帝国女子高等学校大和田校(現:大阪国際大和田高等学校)中退

配偶者:上沼真平 (1977年から)

兄弟姉妹:海原万里

所属事務所:上沼事務所

参加ユニット:海原千里・万里 (1971年から1997年まで)

スポンサードリンク

テレビの印象からかもしれませんが、てっきり、大阪生まれの大阪育ちかと思っていました。

 

司会者ではなく歌手だった

上沼さんが芸能界に入ったときは、現在のようなバラエティ番組の司会者ではなく、歌手をしていました。

幼い頃から、様々な地域で開催されているちびっこのど自慢大会に出場しては、出演者や聴衆を驚かせるなど、のど自慢荒らしと呼ばれていました。

毎回のライバルは天童よしみさんだったそうです。

ちなみに、結果は、天童よしみさんが優勝、上沼恵美子さんはいつも準優勝だったとか。

「海原千里・万里」時代の1976年に発売した「大阪ラプソディー」は40万枚の大ヒットを記録しています。

また、同時期に北島三郎のコンサートの前座を務めた際、北島に歌唱力を認められ、北島の下で歌手への転向を勧められたが断ったというエピソードがあります。

北島三郎さんに見初められるとは、やはり若い頃からただものではなかったんですね。

 

漫才師としても活躍していた

上沼さんが生まれ育った家庭は、一般的な家庭とは少し違っていました。

銀行員であったお父様が大の演芸好きだったため、上沼さん自身も、演芸に対する興味や関心が人一倍強かったようです。

ちなみに、

祖母は浄瑠璃の師匠、太棹三味線の名手だったようで、姉は浄瑠璃のものまね、自身は美空ひばりのものまねをしていました。

ところが突然、上沼さんに転機が訪れます。

漫才コンビとしてデビューするはずだった姉の相方がデビュー前に逃げたため、姉と漫才コンビを組むことになったのです。

中学校卒業後の1971年に、姉妹漫才コンビ「海原千里・万里」としてデビューします。

そして何と、デビューをしたその年に、上方お笑い大賞銀賞を受賞したのです。

高校生ながら巧みな話術で一躍スターになり、当時人気アイドルだった天地真理に倣い、「漫才界の白雪姫」と呼ばれていました。

確かに、若い頃の画像を見ると、背が高く細身で美人ですね。

その上、喋りが上手いとなれば、スターになるのは当然ですね。

 

上沼恵美子の自宅について

デビューした頃から売れ続けている上沼さんのご自宅についてご紹介します。

 

自宅はどこにあるの?

 

自宅は大阪府箕面市にあります。

閑静な住宅街で、財界の著名人や関西で活躍するスポーツ選手、芸能人などが住む高級住宅地です。

スポンサードリンク

建坪は100坪三階建て

外観が見渡せる画像はなかったのですが、この門構えからして、相当荘厳な建物であることはまちがいありません。

まさに、成功者の証です。

また、本宅以外にも、ハワイに別荘があるようで、年に数回はハワイでの休暇を楽しんでいるそうです。

 

事務所はどこにあるの?

上沼さんは、自身が代表を務める個人事務所に所属しています。

漫才で一躍スターの座に上り詰め、それ以降も関西での活動が続いています。

このため、上沼さんは吉本興業所属だと思われている方もおられたのではないでしょうか。

個人事務所でまさに、実力のみで現在の地位を築いたわけですから、西の女帝と呼ばれるのも納得できます。

ちなみに、事務所があるのは、自宅と同じく大阪府箕面市です。

自宅兼事務所ということなのでしょうか。

 

上沼恵美子の家族について

上沼さんのご家族は、旦那さんと息子さん2人の4人家族です。

詳細を見ていきましょう。

 

旦那さんはどんな人?離婚の噂は本当?

上沼さんといえば、歯に衣着せぬ物言いで、他を圧倒する空気感と話術をお持ちです。

プライベートでは、男性も軽く手懐けていそうなイメージがありますが、実は全く違いました。

超関白亭主なんだそうです。

上沼さんは、結婚を機に一度芸能界を引退しています。

その後、芸能界に復帰する際に、旦那さんが出した条件は

(仕事をする範囲として)西は姫路、東は京都まで

だっそうで、その約束を忠実に守った上沼さんは

NHKから『大河ドラマ』の出演打診があったが、東京収録のため断った

その他にも、

紅白の司会をした後、在京局から11本に及ぶレギュラー番組のオファーがあったが、夫を優先するため全て断った

などなど、旦那さんの相当な亭主関白ぶりが垣間見られます。

上沼さんの旦那さんについてご紹介します。

上沼 真平(かみぬま しんぺい)

1947年1月生まれ

元関西テレビ所属のテレビ演出家、プロデューサー、常務取締役・制作局長、元メディアプルポ(関西テレビ完全子会社)代表取締役会長

1975年に、自身が担当した番組『日曜ドキドキパンチ』で、上沼さんと出会い、2年後の1977年5月22日に結婚しました。

一時期、上沼さんが高級ホテルに宿泊しながらテレビ局に通うという生活をしていたことがありました。

それが原因で、

上沼恵美子は離婚間近なのでは?

という噂が流れましたが、それはただ単に、上沼さんの息抜きのためだったようです。

 

長男はどんな人?何をしてるの?

名前は、上沼清太郎さんで、1978年4月生まれです。

芦屋大学を卒業した後、整骨院で働いていた時期もありましたが、現在は、上沼さんの個人事務所で働いています。

20回以上のお見合いを経て結婚したのですが、嫁姑のトラブルのため離婚しています。

現在は独身です。

 

次男はどんな人?何をしてるの?

名前は、上沼裕次郎さんで、1983年5月生まれです。

親が芸能人ということで、小さい頃は学校でいじめられたようです。

現在は、東京で構成作家として活躍するとともに、結婚もしており、子供が2人います。

 

おしゃべりクッキングのおかげで年収がすごい?

上沼さんの番組一本当たりのギャラは100万円です。

東京に比べると関西の単価は低いですね。

それでも、おしゃべりクッキングのギャラを計算すると、週に500万円

月収2000万円ですので、年収は2億4000万円ということになります。

さらに、これ以外にも、レギュラー番組をもっていますので、年収は3億円以上

芸歴と実力を考えると、金額にも納得できますが、それにしてもすごいですね。

スポンサードリンク

-芸能人

Copyright© 記憶に残る芸能ワダイ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.