松井秀喜の嫁と子供(2人目)の画像や写真が話題?現在の仕事と収入は?

Pocket

今回は、日本のプロ野球と大リーグで活躍した松井秀喜さんについてご紹介したいと思います。

松井秀喜さんの子供(2人目)画像写真が話題に上がっていました。現在仕事と収入を含めて、松井秀喜さんのプライベートに迫ってみたいと思います。

松井秀喜の嫁について

松井秀喜さんは、奥様に頭が上がらない、鬼嫁であるなどという噂が出回っていますが、真相はどうなのでしょうか。

松井秀喜の嫁はうさぎのホステス?

松井秀喜さんが大リーグのニューヨークヤンキースで活躍していた頃に、現在の奥様と出会いました。

出会った場所と奥様の職業に関しては、いくつかの情報があります。

一つ目は、出会った場所はニューヨークにあるクラブで、奥様の職業はホステス

奥様がホステスとして働いていたクラブ(正確にはピアノバー)うさぎに、松井秀喜さんが通っていて知り合ったということなのですが、そもそも松井秀喜さんは野球一筋で、体作りを優先していましたので、クラブに通っていた可能性は低いことから、奥様がホステスをしていたという噂の信憑性は低いと言えます。

二つ目は、出会った場所は松井さんの地元石川県で、奥様の職業は社長秘書

スポンサードリンク

富山県にあるスポーツ用品を製造する会社の社長秘書として働いていた奥様と、知人を通じて知り合いました。

その場が合コンのような場なのか、知人を交えた数名での場なのかまでは定かではありませんが、照れ屋な松井秀喜さんですので、合コンのような場ではなく、少数での会食の場だったのではないでしょうか。

松井秀喜の嫁の名前と画像は?

奥様の名前は、中山愛さんです。

結婚したのは2008年で、中山愛さんが25歳、松井秀喜さんが34歳のときです。

画像右側の女性が中山愛さんなのですが、とても美人ですよね。

身長はそれほど高くはなく、細身で容姿端麗な方です。

松井秀喜の嫁は熱心な宗教家?

松井秀喜さんの父親は、宗教法人瑠璃教会の二代目司教としてメディアにもしばしば登場し、ゴジパパの愛称でも知られています。

その瑠璃教会の熱心な信者の1人だとされているのが中山愛さんです。

ゴジパパが中山愛さんのことを気に入り、自分の息子の嫁にしたいと考えたということなのですが、この情報のエビデンスはありませんので、ただ単なるデマである可能性が高いです。

松井秀喜の嫁が姿を見せない本当の理由は?

松井秀喜さんの試合観戦に来ていたところを偶然激写されてしまった以外では、奥様は全くと言って良いほど姿を見せていません。

これに対して、ネットでは以下のような理由が噂されています。

「元ホステスだからでは?」、「宗教活動で忙しいのでは?」、「実は不仲なのでは?」

しかし、どの噂も信憑性に乏しいものばかりで、特に不仲説については、松井秀喜さんが引退された時のインタビューで、

最も感謝しているのは妻

と語っていますので、不仲であるという可能性は極めて低いです。

松井秀喜さんが国民栄誉賞を受賞したとき、東京ドームで行われた受賞セレモニーにも姿を現さなかった奥様。

そこまでして頑なに姿を現さない本当の理由は何なのでしょうか。

奥さんがマスコミの前に出てこない理由は、結婚の際「奥さんの名前や写真などの個人情報は一切公表しない」との約束を取り交わしたことにあるようです。

一般人ということもあり、プライバシーに配慮しているのでしょう。

どんなことがあっても、約束はきっちりと守るという松井秀喜さんの人柄や性格がにじみ出ていますね。

松井秀喜の子供について

奥様を大切にしている松井秀喜さんには、お子さんが2人います。

松井秀喜の1人目の子供は?

2013年3月に、第一子となる長男が誕生しています。

名前や写真は非公開なのですが、松井秀喜さんは、長男が生まれた後しばらくして、以下のように語っています。

家では日本語を話しますが、学校に行けば英語が話される環境です。だから、僕らはどうなっていくかとても楽しみです」。

スポンサードリンク

長男が家では日本語を使いながら、学校では英語を話す“バイリンガル”として育っていることを説明している。

また、まだ3歳になっていない長男について「彼が野球に明け暮れるのを見るのは楽しみか?」と聞かれた松井氏は、通訳を待たずに「彼にプレーしてもらいたい気持ちはあります。

ただ、段階が上がり続ければ、そこには困難や挑戦があります。結局は彼のとる決断次第です。

どこまで行きたいか、どれだけ続けたいか」と答えたという。

今後の成長がとても楽しみですね。

松井秀喜の2人目の子供は?

2017年1月に、第二子となるが誕生しています。

やはり、名前や写真は非公開なのですが、子供との時間を確保するため、そして奥様のサポートをするために、毎年参加している読売巨人軍の秋季キャンプに参加しなかったほど、家族に対する思いが強いようです。

2003年に大リーグ・ヤンキースに移籍して以来、ずっとアメリカで生活している松井秀喜さん。

現在も、自宅のあるニューヨークで生活しているようです。

日本に帰ってくることは今のところなさそうです。

個人的には日本に戻ってきて、日本のプロ野球界で指導者として活躍してほしいのですが、松井秀喜さんにはニューヨークでの生活の方が合っているのでしょうか。

ひょっとすると、いずれは大リーグの監督になる日がくるのでは!淡い期待ですが、その日を楽しみにしていたいと思います。

松井秀喜の現在について

現役を引退して以降、日本とアメリカの行き来を繰り返している松井秀喜さんですが、現在の仕事や収入はどうなっているのでしょうか。

松井秀喜の現在の仕事と年収は?

現在の松井秀喜さんの肩書は「ヤンキースのGM特別補佐(アドバイザー)」です。

GMは、チーム構想や育成方法などを決定する重要な仕事で、その補佐役に就いているわけですので、かなり重要なポストと言えるでしょう。

現在の年収は4000万円から5000万円ほどと推定されますが、詳細は不明です。

現役時代の松井秀喜さんの最高年収がおよそ13億円ですので、その当時と比べると非常に少ないですが、松井さんクラスにもなると、お金ではなく、自分自身がやりたいことをやりたい場所でしているといった印象を強く受けます。

現に、拠点はニューヨークに置いてはいますが、宮崎で行われる巨人の秋季キャンプには定期的に姿を現したり、全国各地で開催される野球教室にも積極的に参加していますから、誰かに指示をされてやっているのではなく、自発的に野球界に関わっていて、非常に野球との距離感を保つのが上手いなと感じます。

松井秀喜の現在の住まいはどこ?

日本球界と大リーグの両方で偉大な成績を残した松井秀喜さんの住まい。想像するだけで豪邸を思い浮かべてしまうのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

松井秀喜は現役の頃はトランプタワーに住んでいた?

2003年にニューヨーク・ヤンキースに移籍した当時は賃貸でマンションに住んでいた様ですが、2005年にマンハッタンの東側、イーストリバーに面して建つ72階建ての超高層コンドミニアム「トランプ・ワールドタワー」の52階の部屋を315万7900ドル、当時のレートで約3億5000万円で購入しています。

ニューヨーク・ヤンキースのエースとして活躍している、田中将大・里田まい夫妻がこのコンドミニアムに住んでいるとされていて、その賃貸料が月額6万ドル(約620万円)と言われて話題となりましたね。

当時のチームメイトだったデレク・ジーターさんも同じマンションに住んでいたようで、オフのときにも頻繁に交流していたみたいです。

ちなみに、トランプワールドタワーには、ビル・ゲイツ、ビヨンセ夫婦、ハリソン・フォード、ブルース・ウィルス、クリント・イーストウッド、クリスティアーノ・ロナウドなど、多くのセレブが住んでいます。

松井秀喜は現在はセレブ生活を謳歌中?

その後2009年に、それまでのイーストリバーに面するマンハッタン東側に建つトランプ・ワールドタワーとは、マンハッタンの反対岸となる、「アッパーウエスト」と言われる、ハドソン川に面するマンハッタン西側に建つ「ヘリテイジ・アット・トランププレイス」と言うマンションの、「ペントハウス」と呼ばれる最上階の部屋1050万ドル(約10億円!)で新たに購入しました。

トランプ・ワールドタワーを買い換えたのか、あるいは買い増したのかまでは分かりませんが、どちらにも並大抵の資金力では手が出ない物件です。

アメリカンドリームを掴んだ、真の成功者だけが堪能できる最上級の物件です。

しかし、これほどまでの金額を出してまで自宅を購入していますので、当面は日本に帰ってくる可能性は低そうですね。

やはり、松井秀喜さんにとっては、今のような日本のプロ野球界との距離感がちょうどよいのかもしれません。

いずれにしても、日本の至宝である松井秀喜さんの、今後の更なるご活躍を期待したいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする