山本美憂の若い頃がきれい!レスリング姿と旦那さんの画像あり

Pocket

今回は、総合格闘家の山本美憂さんについてご紹介します。

元女子レスリング選手として活躍し、オリンピック出場一歩手前まで上り詰めた山本美憂さんの若い頃がきれいだと話題になっています。レスリング時代や旦那さんの画像も交えながら、山本美憂さんの破天荒な半生に迫ってみましょう。

山本美憂の若い頃がかわいい?

小学生の頃からレスリングを始めた山本美憂さんは、ミュンヘンオリンピックレスリング代表だった父親から英才教育を受け、何と13歳という若さで第1回全日本女子選手権優勝という快挙を成し遂げました。そしてその後、全日本選手権を4連覇し、まさに向かうところ敵なしという状態でした。

レスリングの腕前は折り紙付きでしたが、一方で山本美憂さんのルックスにも注目が集まっていました。今の女子アスリート界は美人選手が多いですが、山本美憂さんがレスリングの現役選手だった頃は、レスリング界だけではなく、女子アスリート界全体を見渡してみても、美人と呼べるアスリートは皆無といった状態でした。

そんな状態でしたので、山本美憂さんは強さだけではなく美しさも兼ね備えたスーパー中学生として当時から有名でした。ただ、今現在の山本美憂さんを見ていてもわかる通り、気性が大人しいとは言えないため、モテていたかどうかと言われると・・・なところもありますが、周囲からの視線を一手に集めていたことは間違いありません。

残念ながら、当時の山本美憂さんの画像は見つからなかったのですが、大人になってからの画像からも学生時代から美人だった様子が想像できます。

全日本選手権を4連覇するほどの実力がありましたので、当然世界でも通用するだけの力があったはずなのですが、年齢制限(出場資格の下限年齢)の関係で世界選手権に出場することできませんでした。もし世界選手権に出場していれば、今とはまた違った人生を歩んでいたのかもしれないと思うと、人の人生というのは本当に何が起こるのかわかりませんね。

スポンサードリンク

そして、ようやく世界選手権出場資格が与えられる年齢に達した山本美憂さんは、念願だった世界選手権に出場し、見事優勝を果たしました。1994年、1995年の世界選手権を連破し、レスリング女子山本美憂の名を世界にとどろかせました。

特に、1994年の世界選手権は、これまで出場していた47キロ級ではなく50キロ級での優勝ですので、レスリングの才能はずば抜けていたことがわかります。

1994年、1995年の世界選手権を連覇した山本美憂選手は、1995年に結婚、出産のため、レスリングから離れていました。

途中、1998年一時的に現役復帰し、全日本選手権で3位に、世界選手権とジャパンクイーンズカップでは準優勝に輝くなど、現役時代を彷彿とさせる大活躍をし、2年のブランクを全く感じさせませんでした。翌年に行われた全日本選手権では見事に優勝したことから、いよいよ本格復帰かと思われました。

しかし、2000年にまた突如引退を発表します。自身のプライベートを優先したためだとされていますが、2002年にはまた現役復帰を果たします。2002年の全国選手権では決勝トーナメント一回戦敗退という結果でしたが、2003年に行われたデーブシュルツメモリアル国際大会で準優勝、ジャパンクイーンズカップでは準優勝。2度も現役を引退した選手とはとても思えない体のキレと卓越した身体能力の高さを世間に強くアピールしました。

そしてついにチャンスが訪れます。2004年の北京オリンピックで、女子レスリングがオリンピックの正式種目になることが決まって以降は、本格的にレスリングに復帰します。言うまでもなく、女子レスリングでのオリンピック出場が目的の現役復帰でした。

しかし、現実はそう甘くはありませんでした。30歳という年齢で臨んだ、2004年2月のアテネオリンピック代表選手選考試合(ジャパンクイーンズカップ)で3位に終わり、オリンピック出場は果たせず2004年4月に現役を完全に引退しました。

しばらくは充電期間を置いて、2016年9月からは総合格闘家としてデビューし、現在も総合格闘技というカテゴリーの中で活動を続けています。

スポンサードリンク

山本美憂の旦那さんは誰?結婚歴と離婚歴は?画像あり

山本美憂さんはこれまでに、3度の結婚歴3度の離婚歴があります。つまり、現在は未婚の状態だということになります。

ここでは、結婚歴と離婚歴を、時系列に沿ってお伝えします。

山本美憂の元旦那は池田伸康

1995年に、当時Jリーグの浦和レッズに所属していた池田伸康さんと結婚し現役を引退しました。その後、第一子となる長男山本アーセンくんを出産したのですが、1999年4月に離婚しています。

離婚原因は明らかにされていませんが、お互いに遠征の多い生活をしていたことから、一緒に過ごす時間が少なかったため、価値観や気持ちにズレが生じていったのかもしれません。

山本美憂の元旦那はエンセン井上

2000年7月に、格闘家のエンセン井上さんと結婚し、山本美憂さんは結婚と同時にレスリングを引退し、しばらくは専業主婦として生活することになります。その後、2004年8月に離婚しました。

ちょうどこの半年前に、アテネオリンピック出場を逃してしまったことから、山本美憂さんの気持ちの中で、何か大きな変化があったのかもしれません。

エンセン井上さんは、山本美憂さんの弟山本”KID”徳郁さんに総合格闘技を教えた師匠でもあります。二人の間に子供はいませんでした。

離婚原因は、エンセン井上さん側の浮気結婚観の違いだったと言われています。

なおエンセン井上さんは、離婚後の2008年に大麻取締法違反で現行犯逮捕され、懲役10か月執行猶予3年が言い渡されています。

再婚時にアーセン君がいた山本美憂さんにとって、夜遊びや付き合いのために家を空けがちになるエンセン井上さんに対する不満が溜まりに溜まっていった末の結果でした。

山本美憂の元旦那は佐々木明

2006年4月に、アルペンスキー元日本代表で、トリノオリンピックにも出場経験がある佐々木明さんと結婚しました。2006年12月には、第二子となる次男アーノン君が、続いて2008年11月には第三子となる長女ミーアちゃんを出産していますが、2011年離婚しています。

美憂は「現役復帰とは関係ない。こういう形(離婚)の方が、お互いがんばれると思う」と語っているという。

アーセン君、アーノン君、ミーアちゃんの親権は山本美憂さんが持っています。これまでの旦那さん遍歴を見てふと思ったのですが、もしかすると、山本美憂さんは本能的に強い遺伝子を残したいと考えていて、そのためにより強い相手を求め続けているのかもしれません。

山本美憂さんの父親で、日本体育大学教授の山本郁榮さんは、自分の子供達の様子について以下のように語っています。

(山本美憂さんが結婚と離婚を繰り返していることについて)気にしませんよ。タレントのように事務所に所属していて異性との関係を気にしている立場にはないわけだから。勝負の世界に生きている。ただ、対外的にいやなことをやったり、言ったりすることは控えなければいけない。だから対応はきちんとする。なにもそのこと(離婚)で引いたりへんに考える必要はない。そのままでいいんですよ。僕は昔からそう思っていますから。

現在は未婚の山本美憂さんですが、お付き合いをしている方がいて、カナダ人のバレーボール選手だという噂があります。ひょっとすると、この写真に写っている右端の男性がそうなのかもしれません。

見るからに強そうですので、今後、この男性と結婚というニュースが飛び込んでくるかもしれません。いずれにしても、今後の山本美憂さんの動向からは目が離せませんので、引き続き注目していきたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする