誰もが知りたい芸能人に関するマル秘情報を提供していきます

記憶に残る芸能ワダイ

芸能人

松下由樹が若い頃にダンスやドラマやCMで大活躍!体重がリバウンドし太った理由は?

投稿日:

Pocket

今回は、女優の松下由樹さんについてご紹介します。

松下由樹さんが若い頃に出演していたドラマCMが可愛いと話題になっています。ですが、ダンスをしていた若い頃に比べ、現在は体重が増えてリバウンドしたようなのです。太った理由や現在の松下由樹さんの近況に迫ってみたいと思います。

松下由樹の若い頃について

松下由樹さんは、1983年、映画『アイコ十六歳』のオーディションに合格し、同映画にて主人公(主演は富田靖子さん)の友人役として本名でデビューしました。

松下由樹さんの本名は松下幸枝といいます。デビュー当時の年齢は15歳で、身長は168cm、体重は47kgでした。スレンダーが売りでしたが、1983年にデビューした後の3年間は、アメリカにダンス留学をしています。松下由樹さんの若い頃の様子をまとめました。

 

松下由樹は若い頃はダンスで食べていた?

松下由樹さんは、名古屋市南区にある名古屋市立本城中学校に通っていましたが、3年生の頃に映画のオーディションに合格して芸能界デビューをしたため、高校からは東京での生活をスタートさせています。通っていた高校は駒沢女子高等学校で、曹洞宗の総本山である永平寺が母体の学校です。

現在の所在地は、東京都稲城市ですが、松下由樹さんが通っていた頃は東京都世田谷区弦巻にありましたので、都内で行われる撮影や取材等の芸能活動と高校生活を両立しやすい環境でした。

スポンサードリンク

常盤貴子さん、戸田恵子さん、島田陽子さん、田中真理さんといった女優さんだけではなく、歌手高橋真梨子さんをも輩出するなど、卒業生に芸能界で活躍する人材が多いことでも有名な高校です。

しかし、高校時代の松下由樹さんは、これといって目立った芸能活動はしておらず、ダンスのレッスンに明け暮れていたそうです。しかも、ダンスの種類は1種類ではなく、ジャズダンスやタップダンスに加えて、クラシックバレエにも取り組んでいました。

アメリカでのダンス留学から帰国後の1987年にはダンサーとしてNHKの音楽番組「ヤングスタジオ101」にレギュラー出演するなど一時期はダンサーとして活動しています。

 

松下由樹さんは当初は、女優の仕事よりもダンサーとしての仕事が多く、少年隊の舞台にダンサーとして出演していたこともあるそうです。

 

松下由樹が若い頃にドラマで大旋風を巻き起こした?

松下由樹さんが帰国後に、ダンサーとしてではなく主演女優としてドラマデビューしたのは、1989年にTBSで放送された『オイシーのが好き!』です。当時の松下由樹さんの年齢は21歳でした。

松下由樹さんは、女性向け週刊誌の編集部で働く自由奔放な主人公・水島ユキ役を演じたのですが、その同僚や友人役を演じたのが、藤井フミヤさん、松本伊代さん、杉本彩さん、岡部まりさん、伊原剛志さん、石田純一さん等でした。

その後、1990年にTBSで放送された『想い出にかわるまで』で今井美樹さん演じる姉の恋人(石田純一さん)を奪う妹役という強烈な役を演じ、注目されました。あまりにもハマリ役だったため、視聴者からバッシングを受けた感もありました。

当時の松下由樹さんの年齢は22歳でしたが、姉役を演じた今井美樹さんに感情移入したことが何度もありました。それぐらい、松下由樹さんの演技力がものすごかったということですね。このときの好演がその後の松下由樹さんの女優人生を大きく決定づけたのは紛れもない事実です。

1992年には、映画『新・同棲時代』『波の数だけ抱きしめて』で、第15回日本アカデミー賞助演女優賞を受賞し、映画界では欠かせない存在となっていきます。このときの松下由樹さんの年齢はまだ24歳。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いでした。

1996年からは、フジテレビ系列で放送された『ナースのお仕事』の4シリーズすべてに準主役として出演しており、観月ありささんとの絶妙なやりとりで視聴者を惹きつけていました。コメディドラマではあるものの、時には医療現場や現代社会における問題点について考えさせられるシーンもあり、どのシリーズも高視聴率を記録し、国民的ドラマの1つとなり、2001年には映画化もされるほどの人気っぷりでした。

1997年、29歳のときにアミューズから独立し、「イエスコレクティッド」という松下由樹さんの個人事務所を設立し、事務所の取締役を務めています。

アミューズを離れた後も、アミューズとの関係は良好なようで、今でもアミューズが製作したドラマや映画にも出演していますし、サザンオールスターズの桑田佳祐原由子夫妻とは公私ともにとても仲が良いそうです。

スポンサードリンク

2001年(33歳)からは、これまでほとんど挑戦してこなかったバラエティ番組にも挑戦するようになります。

2001年からバラエティ番組『水10! ココリコミラクルタイプ』に出演。コントの中心を担っており、憎い上司の役や、男性恐怖症の女役、被害妄想の激しい女役、NIKITA女の役、田中直樹との夫婦役など多彩な役を演じている。

ただ、これまで松下由樹さんは、バラエティ番組に一切出演したことがなかったというわけではなく、また出演オファーを拒否していたわけでもないようです。これまでに何度か、単発物のバラエティ番組には出演したことがあり、明石家さんまさんや小堺一機さん、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンといった、バラエティ界の大物と共演したこともあるようです。

レギュラーでのバラエティ番組出演は、このときが人生初だったため、出演オファーを受けるかどうかで相当悩んだようです。結果的には、松下由樹さんの新たな一面や意外な一面を視聴者に見せることができましたので、出演してよかったということです。

2004年、36歳のときには、フジテレビ系列で放送されたドラマ『大奥〜第一章〜』に主演として出演し、春日局(お福)役を演じ、時代劇での新境地を開きました。

バラエティ番組から時代劇まで、あらゆるジャンルの役柄や仕事をこなしてきた松下由樹さんは、芸能界の至宝といっても過言ではないのではないでしょうか。

 

松下由樹が若い頃からCMに出続けられる理由が凄い?

松下由樹さんと言えば、フジパンのCMです。2004年以降、松下由樹さんが起用され続けているのですが、そこにはある理由が隠されていました。

松下由樹さんがCMに起用され続けている理由はずばり、安定感でした。

2017年12月3日にTBS系で放送された情報バラエティ番組『アッコにおまかせ!』の中で、その詳細が紹介されました。

フジパンの担当者によると、その理由は3つあるそうです。

1.長期にわたり安定した人気がある。

2.女優としての実力がCMに生かされている。

3.独身だが、かえって夫婦不仲などがなく、スキャンダラスな要素がない

確かに、他の女優さんであれば、3つのうちのどれかを満たしていないというケースが大半であるため、この理由には納得させられました。この先もずっと、CMに出演し続けてほしいですね。

 

松下由樹がリバウンド?身長と体重のバランスは?

若い頃は、清潔感と透明感を兼ね備えていた松下由樹さんですが、最近では、他を圧倒するような美しさに陰りが見えてきたと話題になっています。最近の画像をご覧ください。

50代に突入していますので、仕方ないと言えば仕方ないのですが、20代の頃の松下由樹さんからの変貌っぷりが激しいため、太った劣化したという声が多数上がっています。

高須クリニック院長の高須克弥さんは、松下由樹さんの肌を以下のように評価していました。

表情シワも、年を取るとほうれい線やたるみとかとセットになって、厳しいよ。同じ理由で涙袋もたるみと合体すると、本当に老けて見えます。ブルドック顔になっちゃいますからね。若いときにチャームポイントだったものが、いつまでも使えるわけではないのです。ちなみに松下さんは、シワ+たるみ+中年太りの3点が重なってしまってるなぁ。

同じアラフィフ世代の女優さんの中には、いつまでも美しさを保っている方もいますが、違いは保湿と外面内面からのケアのようです。食生活によっても肌年齢は格段に差がつくそうですので、普段から規則正しい生活を心がけなければならないということですね。

また、松下由樹さんを検索すると、リバウンドというワードがヒットします。調べてみると、松下由樹さんは一時期、温活という基礎代謝を上げる方法でダイエットに成功していたのですが、また太ってしまったようです。松下由樹さんのデビュー当時のプロフィールによると、身長は168cm、体重は47kgでしたが、リバウンドした現在は体重が60kgを超えているとも言われており、若い頃の美しいプロポーションは影を潜めてしまっています。

 

松下由樹が太った原因は?

松下由樹さんが太り始めたのは20代後半になって以降のことでした。年齢的にはまだまだ基礎代謝が下がるような年齢ではありませんので、何か他の理由があるのでは?と思い調べてみると、どうやら急激に激太りした理由は失恋でした。

長く交際していた男性との破局をきっかけに、寂しさを紛らわすために食べ過ぎてしまったことから太ったようなのですが、その破局した男性というのが超大物でした。

音楽プロデューサーで、サザンや小泉京子さん、ミスターチルドレンなどのアーティストと関わった小林武史さんです。

松下さんと小林さんは1987年から8年間交際していたそうですが、結婚寸前と言われていた1995年に破局してしまいました。

破局した当時の松下由樹さんの年齢が27歳でしたので、ちょうど太り始めた時期と破局時期が一致します。その後、小林武史さんは、My Little Loverのakkoさんと結婚しましたので、松下由樹さんの心中は穏やかではなかったでしょう。

太った、劣化したとは言われてはいるものの、50代とはとても思えない美貌、そして、女優としての演技力を武器に、今後も益々活躍していただきたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-芸能人

Copyright© 記憶に残る芸能ワダイ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.