誰もが知りたい芸能人に関するマル秘情報を提供していきます

記憶に残る芸能ワダイ

芸能人

篠原涼子の顔変わった?目が変?アイプチそれともテープ?目頭切開した?

更新日:

Pocket

今回は、女優の篠原涼子さんについてご紹介したいと思います。

映画やドラマで様々な役柄を演じ、見るものを魅了し続けている篠原涼子さんの顔が変わったのではないかと話題になっています。アイプチを入れている、目にテープを貼っている、はたまた目頭切開をしたというふうにも言われているのですが、真相はどうなっているのでしょうか。早速調べてみたいと思います。

篠原涼子は顔変わった?大きさは?

篠原涼子さんの顔が変わったと噂されるようになったのは、篠原涼子さんが40代に突入してからです。ドラマ『アンフェア』や下着のCM等に出演している篠原涼子さんを見て、「とても40代とは思えない」「劣化知らずとは篠原涼子さんのこと」「美しさが際立っている」などのコメントがあった一方で、「この美しさは異常」「何か手を加えたのでは?」というコメントも散見されるようになりました。

最近の篠原涼子さんの画像を見てみると、どの画像も美しく綺麗なものばかりですし、何か手を加えたのではないか?という目で見返してみても、それらしき画像は見つかりませんでした。

最近の画像加工技術に頼れば、修正を加えることは決して難しいことではありませんので、多少の修正は加えられているにしても、そこまで違和感を感じるような画像はありませんでしたので、篠原涼子さんが顔に何か手を加えた可能性はかなり低い!と結論付けたいと思いきや・・・・んんん???!!!

何とこんな画像が見つかりました。

スポンサードリンク

これは、篠原涼子さんが芸能界にデビューしてまだ間もない頃の画像なのですが、皆さんもお気づきの通りです。が・・・

最近の画像と比べると、目が小さいというわけでもないのですが、今のようにパッチリとはしていないことがわかります。一重瞼のようにも見えますが、画像をよく見てみると、奥二重であることがわかります。

ということで、篠原涼子さんの顔が変わったという噂は、最近の話ではなく、”若い頃と比べると”ということのようです。

さて、そこで気になるのが、篠原涼子さんの目はどのようにして今のようなパッチリ二重になったのかということです。画像加工という方法もありますが、これでは映画やドラマ出演には対応できないため、画像加工ではないのは明らかです。となれば、何らかの方法で人為的に篠原涼子さんの顔に手が加えられたと考えざるを得ません。

ちなみに、顔の大きさ自体は、加齢により、多少肉付きが良くなっている部分はあるにせよ、若い頃と今とでほとんど変化がないようです。

 

篠原涼子の目が変?

篠原涼子さんの目がデビュー当時と比べて明らかに変化した原因について調べてみたところ、いくつかの説がありましたのでご紹介します。

 

篠原涼子の目が変なのはアイプチ?火曜サプライズで発覚?

篠原涼子さんの目が変だと言われたのが、2018年8月28日に日本テレビで放送された『火曜サプライズ』に篠原涼子さんが出演したときです。これを見た視聴者やファンからは、驚きや悲鳴に似たコメントが上がっていました。

篠原涼子アイプチすごい目立つんだけどあれはいいの?てか昔から二重じゃなかったっけ

篠原涼子さんアイプチ目立つ…私もこうなんだろうなぁ

火曜サプライズ見てるんだけど、篠原涼子がアイプチ(アイテープ?)してる。めっちゃ目立つんだけど

火曜サプライズ観てるんだけど、篠原涼子さんアイプチしてる…どうしたんだろ?ちょっと目頭とれてる(笑)

より美しく見せようとしたことが仇となった感じでしょうか。

篠原涼子なんで今日メザイクしてるの?もう少し上手く出来なかったかね?

録画観てるんだけど篠原涼子さん目ザイクと二重線で線が二重になっちゃっておかしいから整形しちゃえばいいのに

火曜サプライズの篠原涼子の目、多分テープアイプチするとか我と同類

まぶたをよく見ると中間に謎の一般の線が入っており、これがテープアイプチだと推測されていますが可能性としては高そうです。

テレビ出演前に、プロのメイクさんが確認しなかった可能性は低いですので、篠原涼子さん自身がテープアイプチをしたのだと思いますが、こればかりは失敗だったようです。

 

篠原涼子の目が変なのはアイプチ?ホンマでっか!?TVでも発覚?

『火曜サプライズ』が放送された翌日の2018年8月29日、篠原涼子さんはフジテレビで放送された『ホンマでっか!?TV』にも出演したのですが、放送を見た視聴者やファンからは、前日と同じ反応が見られました。

え!?!?篠原涼子ってアイプチ!?なんかホンマでっか出てる篠原涼子アイプチやね!?!?

篠原涼子の目が変で内容が入ってこない候

スポンサードリンク

なんか篠原涼子の二重が変わった??ホンマでっか見てて

篠原涼子の目が。前と違う…。いじった?

『火曜サプライズ』に出演したときの視聴者の反応を、篠原涼子さん本人が見ていなかった可能性は高いです。ですが、周りのスタッフや事務所のスタッフが見ていなかったはずはありません。女優篠原涼子の価値が下がるようなことは避けたかったはずですが、もしかすると、芸能界で押しも押されぬ存在となった篠原涼子さんに対して、もはやアドバイスや提言などをできる人がいなくなってしまっているのかもしれません。

 

篠原涼子は目頭切開した?

少しだけ話を戻しますが、篠原涼子さんはデビュー当時、奥二重で、今のような目のパッチリ感はありませんでした。ですが現在は、しっかりとした二重瞼でパッチリと見開いた大きな目がトレードマークとなっています。アイプチテープだけでは、どう頑張ってみてもこのパッチリ感を出すことは難しいのでは?ということから、整形疑惑が巻き起こりました。

目の整形手術で一般的なものとして挙げられるのは、埋没法、目頭切開、目尻切開などです。各々の施術について簡単にご紹介します。

 

篠原涼子の目には埋没法が?

埋没法とは、糸を瞼(まぶた)に結んで二重のラインを作る方法です。

埋没法は気軽に二重のラインを作ることが出来ますが、どのように結ぶのかによってそれぞれ特徴があります。

埋没法は基本的に挙筋法(きょきんほう)で行います。挙筋法は、まぶたの皮膚と裏側にある挙筋というところを糸で止めて二重にする方法です。糸が瞼板を通らないので、眼球に傷つけたりすることがなく安全な方法です。 また挙筋法は開眼に連動するため、よりパッチリとした仕上がりになるお勧めの方法です。

ただし、挙筋法の手術手技は難易度が高くなり自然に腫れにくく行うには正確な手術手技と工夫が必要です。また幅が狭いラインには適さない場合もあります。

瞼板法(けんばんほう)は、まぶたの皮膚と裏側にある瞼板というところを糸で止めて二重にする方法です。 瞼板法は腫れにくいのですが、ダメージによって変形のリスクがあるため、現在の埋没法の主流は挙筋法となりました。

パッチリとした目になり、瞼が平行二重瞼になっていますので、篠原涼子さんは埋没法を使ってパッチリ目を手に入れた可能性があります。

 

篠原涼子の目には目頭切開法が?

蒙古ひだは、蒙古人種(モンゴリアン)の特徴でもあります。これは、目頭の所に上瞼の皮膚が被さっているものです。白色人種と違い、目頭の赤いところは見えませんが、この蒙古ひだによって目が小さく見えたり、目が離れていて間延びした印象を与えます。

このような時には、蒙古ひだを切り取る、内眼角切開法(目頭切開という手術が適応となります。目頭切開の結果、目の横径が広がり、特に鼻側が広くなるため、より立体的な顔貌となり、目元がしまった知的な印象を与えます。

目頭切開を受ける時の注意点は、蒙古ひだの辺りは、傷跡が赤く残りやすい所なので、その点を考慮することが大切です。二重まぶたの手術と合わせて行えば、より効果的に美しい目元を作ることができます。

先ほどの埋没法と、この目頭切開を合わせて行った可能性がありますが、目頭切開の場合はメスを使うため、傷口が綺麗に治るまでは絆創膏等で傷口を塞ぐことになります。テレビや映画に引っ張りだこの篠原涼子さんですので、もしかすると目頭切開はせずに、埋没法だけを行ったのかもしれません。

 

篠原涼子は太った?最近(2018)の画像あり

整形疑惑がありつつも、卓越した美しさでアラフォー女性の憧れ的存在である篠原涼子さんが、最近太ったと話題になっています。えっ!どこが?と思う方もいるかもしれませんが、画像を見てみると、腕が太いことがわかります。

衣装の関係もありますが、一時期のスラっとしたスタイルの篠原涼子さんから比べると、二の腕だけではなく全体的にふっくらとした印象です。3人目を妊娠か?!と言われたこともありましたが、妊娠はしていなかったようです。女性は特に、ホルモンバランスによって体型の変化や体重の増減が激しいケースもありますので、仕事と育児によるストレスが原因だったのではないかと言われています。

それに加えて、アラフォー(1973年8月13日生まれ)という年齢を考えると、むしろこの程度の見た目の変化でとどまっているのは、自己管理ができている方だと言えます。

篠原涼子さんが太ったのでは?ということを気にした視聴者やファンの心配が杞憂に終わった画像をご紹介します。

この画像を見る限り、太っているどころか、腕も顔もお腹もスッキリと贅肉がそぎ落とされていて、とても美しい篠原涼子さんに戻っています。恐らく、仕事の繁忙期を過ぎ、ストレスが軽減されたことと、日々のトレーニングを心掛けた結果だと考えられます。篠原涼子さんは以前のインタビューで、自身のトレーニング法についてこのように語っていました。

ジムに行くより13年間続けているヨガの方が心地良い。運動も食事も最終的には自分に馴染みがあるもの、積み重ねてきた自分流のやり方を進化させる。

40代になってもここまで自分の体をコントロールできていることが、芸能界の最前線に居続けるための秘訣なのかもしれません。

今後も、ますます輝きが増している篠原涼子さんに注目していきたいと思います。今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-芸能人

Copyright© 記憶に残る芸能ワダイ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.