岡本玲が顔変わったのは歯並びを矯正したから?それとも太ったから?画像あり

Pocket

今回は、女優の岡本玲さんについてご紹介したいと思います。

岡本玲さんと言えば、ファッション雑誌『二コラ』で爆発的な人気を獲得したことで有名です。そんな岡本玲さんの顔が変わったと話題になっています。歯を矯正した、太ったなどなど、巷では様々な声が上がっていますが、実際のところはどうなのでしょうか。早速調べてみました。

岡本玲の顔変わった?鼻や歯が・・・

岡本玲さんは、1991年6月18日生まれで、2003年から2008年まで、小学生向けのファッション雑誌『二コラ』の専属モデルとして活躍し、2008年には、二コラの表紙登場回数1位という記録を残して『二コラ』の専属モデルを卒業し、歌手活動や女優活動に本格的に乗り出しました。

歌手としても女優としてもこれからというときに、岡本玲さんのについて世間が注目するようになりました。顔が変わった劣化したということなのですが、本当なのでしょうか。早速画像で確認してみたいと思います。

確かに昔と比べると、顔が変わったという印象を受けますが、劣化とまでは言えないのではないでしょうか。

年相応と言うと失礼ですが、アラサー女性としては何の違和感もないように感じるのですがいかがでしょうか。

スポンサードリンク

岡本玲さんは昔から、鼻と歯についてネガティブなコメントをされ続けてきました。具体的には、「鼻の形が変」であるとか「歯並びが悪い」などです。

鼻について見てみると、『二コラ』時代の画像(10代の頃)は鼻がどちらかというとべたっとしていて、鼻の高さが低いです。

こちらの画像は、NHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』に出演していたとき(26歳の頃)の画像ですが、やはり鼻がべたっとしていて、高さも低いです。

メイクの仕方次第で、多少鼻の形が違って見えるときはありますが、鼻の形は変わっていません。ネットでは、鼻プロテーゼなどの美容整形をしたのではないか?とも囁かれていますが、鼻を整形した可能性は低いです。

岡本玲は歯を矯正した?

岡本玲さんが最近、歯を矯正したのではないか?という情報がありましたので、早速調べてみました。この画像を見ると、前歯がきっちりと揃っていて、これまで岡本玲さんを印象付けていた八重歯が整っているように見えます。

こちらが以前の画像なのですが、上の前歯が大きいからでしょうか、行き場を失った上の前歯4本が前に押し出された状態であることが確認できます。

サイドから撮影された画像を見ると、前歯が前に出ていることがより鮮明にわかります。

歯並びが悪いとまでは言えませんが、見るからに健康的な1本1本の歯が主張し過ぎていて、それぞれの歯の居場所がなくなりかけているといった様子です。

そんな岡本玲さんの歯に変化が見られたのはこのときです。

これは、2017年に小林製薬から発売された「ブレスパルファム」のCMに出演したときの画像です。明らかに歯並びが綺麗になっていることが確認できます。以前は、上の前歯4本が行き場を失ってしまい、前に押し出された格好になっていましたが、この画像では、押し出されていた上の前歯4本がきっちりと押し戻されています。

こちらは、2018年に放送されたプロミスのCM画像なのですが、前歯がすべてきっちりと在るべきところにあって、全体的に整っていることがわかります。

鼻や目はメイクで変化させることができますが、歯に関してはメイクをすることができないので誤魔化しが効きません。このことについて、岡本玲さんは2017年2月3日に、自身のTwitterで以下のように呟いていました。

スポンサードリンク

言って逆に気になるかもしれないなと思い言ってませんでしたが、いま歯列矯正中なのです!現在進行形なのです!!
中学生の頃からしたかったことがやっと出来てるのです!!
だから治療中のあれで、前に出たり隙間が出来たり、ほんとあれですが、みなさん、少々お待ちを!なのです。

2017年以降、歯列矯正をしていたんですね。でも、一般に歯列矯正と言えば、矯正金具を歯の表面に付けて数年間はそのままというイメージなのですが、岡本玲さんの歯には矯正金具が付いていません。矯正金具を付けない歯列矯正というものがあるのでしょうか。気になったので少し調べてみました。

従来、矯正治療というと、歯にワイヤーをつけてするのが普通でした。 ところが、仕事の関係上、人前に出る機会が多い、ワイヤーの違和感が気になる、見た目がいやなど、矯正治療には患者さんの色々な思いがありました。それを解決するのが、インビザラインです。

でこぼこで悪い状態の歯並びの歯型を作り、模型の上で少しずつ歯を動かした模型を20~25個作ります。 そして、その模型に対応した装置を同数の20~25個作ります。それらの装置を順番に入れていくことにより、歯並びが綺麗になります。

この方法であれば、人前に出ても人目を気にする必要はなくなりそうです。

人から見えない装置もあります。いわゆる裏側矯正というやり方です。裏側矯正では、普通は歯の表側につけるブラケットというボタンみたいなのを歯の裏側につけ、針金も歯の裏側につけるため、人からは全く見えません。

特に、裏側矯正の中でもドイツ生まれのインコグニートという治療法は非常にいい方法です。今までの裏側矯正は、欠点がたくさんありました。痛い、期間がかかる、きれいに治りにくい、ブラケットがよく脱落する、などです。ところが、インコグニートはこれらの欠点を全て克服しました。

先ほどのインビザラインは、安全である反面、すべてのケースに対応できるわけではないという点が欠点でしたが、インコグニートであればその欠点をすべて解消していますので、日本はおろか世界でも注目の歯列矯正法だそうです。

インビザラインやインコグニート以外にも歯列矯正の方法はあります。歯の表から付けるのですが、白いワイヤーもあります。白いワイヤーは、他人が見ても中々ワイヤーをしているとは気付かれません。ただ、近くからじっと見るとわかりますが、上品な白色で、銀色のワイヤーとは雰囲気が全然ちがいます。

歯列矯正をした後の岡本玲さんに対して、視聴者やファンからは以下のようなコメントが上がっていました。

岡本玲さん歯列矯正して変わってしまった(゜゜)カワイイケド

岡本玲さんは歯列矯正してから別人みたいになってしまい悲c…

岡本玲さんがどの方法で歯列矯正をしたのかまでは明らかにされていませんが、歯列矯正をしながら、ドラマやCMに加えてバラエティ番組にも多数出演していましたので、恐らくインビザラインかインコグニートではないでしょうか。

岡本玲の歯の色はタバコのせい?画像あり?

ネットでは、岡本玲さんが高校時代からタバコを吸っているという情報が出回っています。一部では、高校時代にタバコを吸っている画像が流出したという情報もあったのですが、その画像は見つかりませんでした。

岡本玲さんの歯を見ると、の色が黄色いことがわかります。これを見たネットユーザーが、「岡本玲はタバコを吸っているから歯が黄ばんでいる」と言い始めたのです。

確かにタバコを吸っていると、タバコの中に含まれるタールの影響で歯の色が変色することがありますが、岡本玲さんの場合は、変色というほどの変色ではなく、若干黄色いかな?程度です。

岡本玲さんが喫煙者(だった)なのかどうかはわかりませんが、高校時代と言えば、岡本玲さんが『二コラ』の専属モデルをしていた頃であり、和歌山から東京へ上京した時期でもあります。

モデルとしての多忙な毎日と、急な環境の変化によるストレスでタバコを吸い始めた可能性もありますが、個人的には、岡本玲さんは喫煙者ではないのではないかと思います。

岡本玲は太った?

岡本玲さんが太ったと言われ始めたのは2016年頃です。この画像を見る限りは、明らかに太っています。激太りとまではいかないものの、以前のスリムな岡本玲さんから見ると随分と太くなったなという印象です。

2015年に『今夜くらべてみました!』に出演した際、親友でAKB48の峯岸みなみさんは岡本玲さんについてこのように語っていました。

「清純派なイメージがあると思いますけど、いつもイライラしていて、かなりの毒舌キャラ」「(明るいイメージとは)真逆なんです。元気がなくて暗いんです」

「たぶん玲ちゃんはAKBがむちゃくちゃ嫌いで、一番身近に存在するアンチAKB」

滅私しつつ、ファンのため視聴者のために自分自身のキャラとは全く違うキャラを演じなければならない日々に疲れが出たのでしょうか。ストレス太りなのかもしれません。

しかし、その後の様子を見る限りは、元通りの体型に戻っているようですので、太ったのは一時期だけだったようです。

ということで、「岡本玲さんの顔が変わった、劣化した、太った」ことについて見てきましたが、これらはどれもこれも、厳しい芸能界で常に精神力をすり減らしながら活動していることの証です。

芸能界という荒波にもまれながらも、どんどん活躍していただきたいと思います。今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする