誰もが知りたい芸能人に関するマル秘情報を提供していきます

記憶に残る芸能ワダイ

芸能人

浅野温子の現在と若い頃の画像がかわいい!浅野ゆう子に似てる?

更新日:

Pocket

今回は、女優の浅野温子さんについてご紹介したいと思います。

トレンディドラマの女王としてドラマ界を席巻していた浅野温子さんの現在に迫るとともに、過去画像も織り交ぜながら、浅野温子さんの歴史に迫ります。また、アナウンサーとして活躍している息子さんについてもご紹介します。

浅野ゆう子の現在について!画像あり

浅野温子さんは、1961年3月4日生まれで、何とアラカンです。トレンディドラマという言葉を聞きなれた世代の方であればご存知の通り、W浅野(ダブルあさの)という言葉が大流行したのは、1980年代末のことです。

当時人気のあった浅野温子さんと浅野ゆう子さんの総称である。1988年(昭和63年)に放送されたフジテレビ系ドラマ 『抱きしめたい!』で主演として共演した2人が、たまたま同じ苗字であったことから付けられた総称・愛称である。

1980年代以降、女優として大活躍を続けてきた浅野温子さんの現在に迫ってみました。

 

浅野温子は現在結婚してるの?旦那は誰?

浅野温子さんは、1983年に作詞家の魚住勉さんと結婚しました。

魚住勉さんは、「男と女のラブゲーム」や「アンパンマンたいそう」、WANDS「もっと強く抱きしめたなら」などの作詞を手掛けたこともある有名なコピーライターです。

スポンサードリンク

当時浅野温子さんは22歳で魚住勉さんは36歳年の差14歳でご結婚されて話題になりました。

その後、1984年10月5日に長男を出産しています。その長男が、現在NHKでアナウンサーをしている魚住優さんです。

トレンディドラマに立て続けに出演していた頃には既に結婚していて、お子さんもいたんですね。それがとても意外でした。

魚住勉さんとの馴れ初めについては、1988年に放映されたパルコのCMで一緒に仕事をしたことではないかと言われています。

CMのコピーを担当していたのが魚住勉さんだったようですので、恐らくここで2人が出会ったのだと思われます。

 

浅野温子の息子はNHKアナウンサー?画像あり

1984年10月5日に生まれた長男で一人息子の魚住優さんは、幼稚園の頃から英才教育を受けてきました。通っていた幼稚園は和光幼稚園です。

学校法人和光学園が経営する幼稚園で、体験学習を主として独自の教育課程が準備されている幼稚園です。

学校法人和光学園とは、東京都世田谷区・町田市で幼稚園(2園)・小学校(2校)・中学校高等学校大学・大学院を運営する私立の学校法人である。

総合学習・教科教育・教科外教育の3領域を軸にカリキュラムが作られ、例えば小学校では、多摩川、食の研究、平和学習などをテーマに、半年以上の長期間かけた学習・研究に取り組む。中高でもテーマ別の選択授業が多く組まれる。

芸能界には和光学園出身者が非常に多いことでも有名です。その一部をご紹介します。

金剛地武志(ミュージシャン・俳優)
小沢健二(ミュージシャン)
大鶴義丹(俳優)
佐藤琢磨(レーシングドライバー)
和田泰右(俳優)
柄本佑(俳優)
柄本時生(俳優)
渡辺裕太(俳優・父の徹が学園理事)
大和田健介(俳優)
土屋太鳳(女優)
鈴木健人(俳優)

自分の子供を和光学園に通わせていた芸能人も数多くいます。

風吹ジュン(女優):子弟を入学させ、本人も父母会活動に積極的参加
大和田伸也(俳優):子供を(大和田健介)入学させている
浜田雅功(お笑い芸人):子弟(ハマ・オカモト)を入学させている
薬丸裕英(タレント):子供を入学させている
哀川翔(タレント):子供を入学させいる
YOU(タレント):子供を入学させている
広末涼子(女優):子供を入学させている
桜井和寿(ミュージシャン):子供を入学させている

エスカレーター方式の学校ですので、外部受験はせずにそのまま大学まで内部進学する人も多い中、魚住優さんは和光大学へは内部進学せずに、慶応義塾大学に進学しています。大学卒業後は日刊スポーツ新聞社に入社し、2年間働いた後、2008年にNHKに入局しています。

その後2017年9月に都内の化粧品メーカーに勤務する一般女性と結婚し、浅野温子さんも結婚式に出席したそうです。

 

浅野温子は息子を育児放棄したことがある?

浅野温子さんが育児放棄!ドラマ顔負けの話題ですが、実際のところはどうなのでしょうか。早速調べてみました。

魚住優さんが生まれた1984年ころ、女優・浅野温子さんの仕事ぶりは・・・

テレビドラマでは、

  • 翔んでる警視(1986年)
  • あぶない刑事シリーズ(1986-1989年)
  • パパはニュースキャスターシリーズ(1987-1994年)

といった当時の人気番組に出演してました。

スポンサードリンク

当然出産後の間もないころから、仕事に没頭していたという事で、これが「浅野温子は育児放棄」していたというに繋がったみたいなんです。

魚住優さんの面倒のほとんどを温子さんの実母がみていたそうです。

出産してからすぐに仕事に復帰するというのは、働く女性にはよくあることですが、世間からの注目度がひと際高い浅野温子さんの場合は、実母に子育てを手伝ってもらっているだけでも育児放棄だと揶揄されてしまいますので、そういう意味では損な職業だなとも思います。

 

浅野温子の若い頃について!画像あり

浅野温子さんは、東京都大田区蒲田の蕎麦屋のひとり娘として生まれました。大田区立大森第八中学校から東京都立城南高等学校、東京都立代々木高等学校を経て、東京都立上野高等学校を卒業しています。

同じ都内で3つの高校を転々とした理由については、城南高等学校から代々木高等学校へ転校した理由は、芸能活動に力を入れるためだったようですが、その代々木高等学校から上野高等学校へ転校した理由については明らかにされていません。何かトラブルがあったのかもしれません。

15歳のとき(1976年)、山口百恵さんの主演映画『エデンの海』の山口百恵さんのクラスメートの役のオーディションに合格映画デビューを果たします。

15歳で当時大スターだった山口百恵さんが出演している映画のオーディションに応募しようという気持ちになったことだけでも充分すごいことですが、そのオーディションに見事合格できるだけの才能実力、さらにはまで見方につけていたのはさすがですね。

映画デビューの翌年(1977年)には、TBSで放送されたテレビ小説『文子とはつ』(1977年10月3日から1978年3月31日まで放送)のオーディションに合格し、自身初のドラマへのレギュラー出演を果たします。

これ以降は、毎年ドラマと映画に両方とも出演する日々を送っており、仕事の次はまた別の仕事という状況が続いていました。

これほどまでに忙しい毎日を送っていた浅野温子さんのプライベートはどうだったのでしょうか。映画やドラマのオーディションを積極的に受けるような人ですので、プライベートもしっかりきっちりしているのかと思いきや、まったく違っていました。

『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」出演時に「髪は洗った後、移動中の車の窓を開けて適当に乾かしている」と発言していた。

良い意味で期待を裏切られました。オンとオフのギャップが激しい人ほど魅力的だと言われますが、浅野温子さんに関するネットの反応は好印象なものが多かったです。

いや、マジ若いころタイプだわ

ぬくこさん若い頃めっちゃ可愛いね

十代の頃は今でもトップ張れるくらい可愛かったからな

昔はもちろんですが、現在でも充分に若く可愛く、そして色っぽさも兼ね備えています。そんな浅野温子さんには、特別な美容法なるものがあるとのことです。

仕事で長時間メイクする時など、肌を酷使している分、毎日のスキンケアをとても大事にしている。

米肌の活潤リフトエッセンスは、大人の女性のための上向き肌を目指す美容液。つけるだけでしっとりして、今までにないグッと持ち上がるようなハリ感が出る。

他には野菜をたくさんとっている。

美容法としてもそうですが、健康であるためにすべき当たり前のことを欠かさず毎日行うことが大切だと言うことがよくわかります。

 

浅野温子は浅野ゆう子と似てるけど姉妹?ドラマ秘話は?

冒頭でもお伝えしましたが、1988年にはドラマ『抱きしめたい』で共演を果たし、W浅野として世間を席巻した2人について、ネットでは姉妹なの?実は犬猿の仲なのでは?という情報が飛び交っていましたので、ここでまとめてみました。

まず、姉妹であるかどうかについてですが、浅野温子さんは1人っ子で東京都出身、一方の浅野ゆう子さんは兵庫県出身ということで、2人が姉妹であるというのはです。上の画像を見ていると2人が似ていることから、何も言われなければ姉妹だと思ってしまいそうです。

また、浅野温子さんと浅野ゆう子さんが犬猿の仲であるという件についてですが、浅野ゆう子さんがかつて出演したテレビ番組の中で、「確執みたいなものはあったかも」と話していたことから、犬猿の仲とまではいかないものの、多少の軋轢は生じていたようです。

共演したドラマ「抱きしめたい!」の撮影当時、それまで浅野ゆう子さんは低迷していて、浅野温子さんはドラマ「あぶない刑事」で先にブレークしていた。

2人の立場の違いは理解していたものの「(登場とか)あっちゃんが先なんですよ。二枚看板なんだけど、何秒差とか。オープニングの出とかで…」と扱いへの不満を振り返った。

同い年で、世間からも注目度が高い2人だったからこそ、お互いにライバル意識が強かったのだと考えられます。

アラカンとなった2人は、今ではお互いに笑って昔話をし合うような関係だそうです。トレンディドラマの2枚看板であるお2人から見て、今の芸能界やドラマ界はどのように映っているのでしょうか。

以上、浅野温子さんの若い頃や現在についてご紹介しました。今後も浅野温子さんの活動に注目し続けていきたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-芸能人

Copyright© 記憶に残る芸能ワダイ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.