小渕優子の子供の小学校はどこ?公立で学級崩壊って本当?旦那は誰?

Pocket

今回は、政治家で衆議院議員の小渕優子さんについてご紹介したいと思います。

小渕優子さんは、2004年12月7日に、TBS時代の同期である瀬戸口克陽(せとぐちかつあき)さんと結婚した後、2007年長男を、2009年9月30日に次男を出産しました。ちなみに次男を妊娠したことを発表した2009年2月当時は、麻生内閣で内閣府特命担当大臣(男女共同参画・少子化対策)として戦後最年少の34歳9ヶ月で初入閣した後のことで、閣僚の妊娠は史上初ということで話題を呼びました。

そんな小渕優子さんのお子さんが通う学校がどこなのか、そしてその学校で学級崩壊が起きたという噂についても調べてみました。

小渕優子の子供の学校はどこ?公立小学校なの?

小渕優子さんのお子さんが通っているのは、小渕優子さん自身も通っていた星美学園小学校ではないかと言われていました。

東京都北区赤羽台四丁目にある私立ミッションスクールで、6年間の英語教育と高学年でのホームステイ制度が特徴的な小学校です。

しかし、マスコミの報道や雑誌の取材等の情報をもとにして総合的に判断した結果、東京都内の公立小学校に通っているというのが正しい情報です。具体的な学校名までは明らかにされていませんが、23区内で特に行政が教育に力を入れている区で、松山ケンイチ・小雪夫妻をはじめとして、多くの芸能人が暮らす区だということを総合すると、目黒区ではないかと思われます。

目黒区内に住む幼稚園児の母親は以下のように語っています。

スポンサードリンク

都内でも有数の“住民の平均年収が高い地域”として知られていて、数年前までは5人に1人の子供が“お受験”して私立小学校に通うといわれていました。ところが最近、子供を地域の公立小に通わせたいと希望する親が増えているんです。

ハードルの高いお受験をするのではなく、中学受験に向けて知力・学力を蓄えようという考えなのでしょうか。賢い選択だと言えますね。

日本全国ほとんどそうですが、入学する小学校は「学区」で決められています。住む場所によって、通える公立小は1つに限定されますが、それが嫌ならば、引っ越すか、お受験をして私立か国立に行くしかないのが実状です。

しかし、目黒区では近年、希望者は学区外の公立小でも定員数に余りがあれば入学できる制度(隣接学校希望入学制度)を作りました。つまり、地域にあるいくつかの公立小の校風や教育環境、進学実績を比較して、その中から選べるようになったのです。それによって、目黒区ではにわかに、定員の2倍の入学希望者が殺到する「人気公立小」も出現することになりました。

ちなみに、小学校は平成31年4月入学者から隣接学校希望入学制度を当面の間休止することとされています。

目黒区内の公立小学校の中でも、最も人気が高いのは目黒区立東山小学校です。

学区内に防衛省の施設をはじめとする防衛省宿舎や駒沢住宅をはじめとする各省の国家公務員官舎が多数位置している関係上、キャリア官僚の子弟等が数多く通学する。ただし、官僚は外交官でなくとも通常一回は海外の大使館や領事館、各省庁の海外関係出先機関、国際機関などに赴任することが多い。そのため、帰国子女の生徒総数に占める割合が高い

小渕優子さんのお子さんが通う学校は東山小学校で間違いないと思われますが、目黒小学校に次いで人気が高い小学校は、烏森小学校、大岡山小学校、碑小学校の3校です。

小渕優子の子供の学校で学級崩壊?

普通の学校ならまだしも、名門校で学級崩壊と聞いて、はじめは何かの間違いではないか?とも思いましたが、どうやらこれは事実のようです。

スポンサードリンク

東山小学校に子供を通わせている保護者が、学級崩壊の原因と詳細を以下のように語っています。

2017年の夏頃、担任の先生が病気で交代したらしいんです。若い女性の先生から、また別の若い女性に代わった。すると、急に児童たちが落ち着かなくなったそうです。数人の児童が中心になって授業中にワーワー騒ぐだけでなく、先生に注意されても、児童が勝手に教室内を歩き回ったり、フラフラと廊下に出たり、物を投げ合ったり、机をわざと倒したり。秋頃には、授業に集中できない状態になってしまったそうです。問題のクラスが騒ぎ始めると、他のクラスの担任も児童を落ち着かせるように助けに行くこともあったようです

小学生の頃といえば、進級し担任の先生が変わる度に、次はどんな先生なのかを非常に気にしていた記憶があります。当然、前の学年のときの先生と比較したりもしていました。

事の詳細は明らかにはされていませんが、恐らく、新しい担任の先生が児童の気持ちを十分にくみ取ることができておらず、そのことが原因で、児童の間に先生に対する不信感のようなものが出来上がっていったのではないかと考えられます。

学校関係者によると、事の重大さを受けて緊急の保護者会が開催されたとのことです。

学級崩壊が起きたのは2017年夏のことですが、その年の秋に、危機感を持った保護者の提案で、緊急の保護者会が開かれたそうです。“ヤンチャな男の子が数人集まればそうなるのも仕方ない”“新しい先生も大変そうだから、保護者が協力できることはないですか?”というお母さんたちもいましたが、緊急で話し合うにはそれなりの理由もあります。保護者の間には温度差があって、“ウチの子に悪影響がある”と心配している人もいました。保護者会の後、校長も含めて教員全体で“クラスの落ち着きをどう取り戻すか”がかなり真剣に話し合われたと聞いています。

区民の平均年収が23区中6番目に高い目黒区で、しかも1番手の東山小学校で学級崩壊が起きたというニュースは瞬く間に世間を駆け巡り、このニュースがきっかけで、小渕優子さんのお子さんが東山小学校に通っているということがほぼ確定的となりました。

小渕優子さんに、当時の様子をインタビューした結果、小渕優子さんは秘書を通じて以下のように回答しました。

昨秋は選挙で多忙だったこともあり、保護者会には父親が参加しました。男の子同士ならば、ある程度のことが起きるのは仕方ない。子供たちがいろんな経験や知識を得ながら、どうしたら学校生活を楽しく過ごせるのか、学校にすべての責任があるわけでもないので、親も参加して考えていきたいと思っています。

小渕優子さんは、2006年に発足した安倍内閣において文部科学大臣政務官に任命され、その後数々の要職を経験した後、2012年には衆議院文部科学委員長に就任しています。

文部科学行政の専門家と言っても過言ではない小渕優子さんにとって、自分の息子の通う学校での学級崩壊というニュースは、親としても政治家としても相当な衝撃だったのではないでしょうか。

小渕優子の旦那は誰?

冒頭でもお伝えしましたが、小渕優子さんは2004年12月7日に、TBS時代の同期である瀬戸口克陽(せとぐちかつあき)さんと結婚しました。

出会いや馴れ初めは、小渕優子さんが政治家になる前(正確には父親である小渕恵三首相の私設秘書になる前)に勤務していたTBSです。

瀬戸口克陽さんはテレビドラマプロデューサーです。これまで手がけた作品には『花より男子』や『華麗なる一族』があります。敏腕プロデューサーでできる男だそうです。

その実績からテレビドラマ関係者は”高視聴率男”と呼んでいるそうです。

小渕優子さんが、政治資金問題の責任を取り経済産業大臣を辞任した当時、不正経理の追及のために自宅に帰ることができなかった母親の変わりを務めていたのが瀬戸口克陽さんでした。

TBS社員によると、自宅に帰ることができない小渕優子さんの代役を完璧にこなしていたとのことです。

小渕議員の夫の瀬戸口さんはTBS局内で編成局の次長を務め、主にドラマの編成を担当しています。10月からスタートした新番組の視聴率が出始めるなか、今は非常に忙しい時期なんです。でも、実は妻の小渕議員が大臣を辞任したあたりから有給休暇を取っているそうですね。休みを利用して、お子さんたちの面倒を見ているそうです。

子供が家にいるときは『ママは、いつおうちに帰って来るの?』と、寂しがる子たちを慰めています。夜になると電話などで小渕議員とは連絡を取り合い、息子たちにも会えない日々を送る失意の妻を励ましているみたいです。

仕事ができるだけではなく、イクメンとしても小渕優子さんを支えている、とても頼りがいのある旦那さんですね。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする