樹木希林の目の病気とは?目がおかしい?若い頃の画像と比較!

Pocket

今回は、女優の樹木希林さんについてご紹介したいと思います。

独特な存在感で、見るものを魅了し続けている樹木希林さんは、2003年1月に左目を失明しています。失明した当時の年齢は61歳だったのですが、原因は何だったのでしょうか。早速調べてみました。

樹木希林は目の病気だった?

2003年1月に、突如樹木希林さんの左目を失明させた原因は、網膜剥離でした。

網膜剥離とは、眼球の内側にある網膜という膜が剥がれて、視力が低下する病気です。

網膜とは、目の中に入ってきた光を刺激として受け取り、脳への視神経に伝達する組織で、カメラでいうとフィルムのはたらきをしています。

網膜の剥がれは痛みを伴わないため気付きにくいのですが、前兆として飛蚊症があらわれることがあります。また、網膜の中心部である黄斑部分まで剥がれた場合、急激に視力が低下し、失明に至る恐れもあります。

当時の樹木希林さんは、年間に3本の映画に出演する超多忙な日々を送っており、映画以外にもCM出演を精力的にこなしていました。

樹木希林の自宅が大豪邸?住所はどこ?

スポンサードリンク

2002年には、消費者の好感度が最も高い女性CMタレント1位に輝きました。

超過密スケジュールの中で、痛みや自覚症状がほとんどない状態で網膜が剥がれてしまいました。医師からは、網膜が剥がれた具体的な原因がわからないため、手術をすることで原因究明をしようと提案されましたが、樹木希林さんは、これまでいろいろなものが見えすぎていたことと、手術をしても視力が戻ることは100%ないという理由から手術を拒否したそうです。

網膜剥離は、加齢糖尿病網膜症などの一部の病気、事故などによる頭部や眼球への物理的ショックが原因で引き起こされます。いずれも網膜の裂け目(網膜裂孔)が網膜剥離の第一歩となります。

眼球の中は硝子体(しょうしたい)というゲル状の物質で満たされていますが、何かのきっかけでこの硝子体に網膜の一部が引きずられ、網膜に小さな裂け目ができてしまうことがあります。

もし手術を受けていれば、悪いながらもかすかに視力は残っていたかもしれないのに・・・と思うととても残念ですが、2003年3月に左目が完全に見えなくなりました。

自分自身が網膜剥離であることを知らされた時の樹木希林さんのコメントは以下の通りです。

「一瞬絶望しました。明日、死ねるわけじゃない。ずっとこれで生きていくのかと思ったら・・・。それも人生と思いながらも、ことあるごとにため息はついていました」

樹木希林さんほどの強い女性であっても、絶望し、ため息をつくこともあるんだなと思いましたが、それ以降も引退をせずに女優活動を続けています。言葉にすると浅く聞こえてしまいますが、本当にすごいです。

そして、そのすごさは、ガンが見つかったときの周囲への接し方にも表れていました。

スポンサードリンク

2013年頃に、「私は全身にガンが転移しているんです」と告白しましたが、初めてガンが発覚したのは、実は2004年なんです。網膜剥離が2003年ですから失明にガンは関係なかったようです。

樹木希林さんの全身ガン転移の状況は

2004年:乳ガン発症
2005年右乳房全摘
2008年:ガンが腸、副腎、脊髄などのほぼ全身に転移

失明とガンの前身転移。まさに人生の崖っぷちとも言える状況に直面していても、樹木希林さんは冷静でした。

「私の考えでは、ガンで死ぬって一番いいと思うんです。用意ができるじゃないですか。それぐらいの感じで生きています。」

ガンはありがたい病気よ。周囲の方が自分と真剣に向き合ってくれますから」

自分自身が直面している現実に対して目を背けずに、常に前向きな姿勢でいる樹木希林さんに励まされた人も多いのではないでしょうか。

樹木希林の目がおかしいのは若い頃から?画像あり

樹木希林さんは、2003年に左目の視力を失ってしまったため、それ以降は片方の目の視力だけで日常生活を送っています。台本を読む、人と会うなど、基本的な動作にも少なからず支障をきたしているはずですが、そんな様子を微塵も感じさせないのは、若い頃から第一線で活躍し続けてきた経験の成せる業なのでしょうか。

さて、樹木希林さんについてネットでは、目がおかしいというワードで検索されているようなのですが、上の画像からもわかる通り、視力を失った左目の眼球が目尻の方に寄っています。

視力が全くないわけですから、当然のことなのですが、良く見てみると、左目だけではなく、視力がある右目も若干目尻の方に眼球が寄っているようです。他の画像でも確認してみましょう。

やはり右目の眼球も目尻側に寄っているようです。調べてみると、樹木希林さんは斜視であるという情報が見つかりました。

斜視は眼球を動かす働きをする眼筋と重要な関係にあります。私たちが普通物を見るとき、両眼の眼筋が微妙に調節して、見たいところに焦点を合わせるように眼球を動かしています。そのため、眼筋の神経支配の異常、眼筋そのものの異常、眼筋附着郡の異常などにより斜視が起こります。また、強い遠視や近視がある場合、片眼の視力不良の場合などに両眼の眼筋の微妙なバランスがくずれて斜視になることもあります。乳幼児期の異常は、しばしば正常な視機能の発達をそこなうことがあり、斜視の原因になることがあります。

左目の視力を失ったことが原因で右目が斜視になった可能性があります。

ですが一方では、樹木希林さんは若い頃から斜視であったという噂もあります。若い頃の画像を確認してみましょう。

この画像だけで断定することはできませんが、左目に比べて右目の眼球が外にあることから、樹木希林さんは若い頃から斜視であった可能性もあります。

左目の失明、ガンの前身転移、夫である内田裕也さんとの別居など、一般人であれば人生を諦めてしまいそうな出来事に見舞われながらも、現実を受け入れ、常に前向きな姿勢で臨む姿には、学ぶべきものが多いです。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする