誰もが知りたい芸能人に関するマル秘情報を提供していきます

記憶に残る芸能ワダイ

芸能人

高橋真麻は鼻の穴を修正した?鼻以外は母親似で遺伝?いじったらこうなった?

投稿日:

Pocket

今回は、フリーアナウンサーの高橋真麻さんについてご紹介したいと思います。

元フジテレビアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとして数々のバラエティ番組やニュース番組で活躍中の高橋真麻さんですが、視聴者やネットユーザーの中では、高橋真麻さんのスタイルについて盛り上がっていました。特徴的な顔がかわいいスタイルが良いといった声が多数上がっているようです。早速詳細に迫ってみましょう。

高橋真麻の鼻について

小顔な高橋真麻さんですが、鼻が大きいのが特徴的です。大きさだけではなく、鼻の独特な形をしていて、鼻の穴が広いのも印象的です。鼻が小さく整っていればもっと美人なのに・・・という声もあるほど、世間の注目を集めている鼻についてまとめてみました。

 

高橋真麻は鼻の穴を修正したって本当?

高橋真麻さんの鼻は、横に長い形をしていて鼻の穴が広いです。鼻筋は綺麗なのですが、鼻の穴が大きいことにより顔全体のバランスが崩れているという声があるのですが、最近、鼻の穴を修正したのではないか?と思われる画像が見つかりました。その画像がこちらです。

これまでの画像と比べると鼻の穴が小さくなっていて鼻幅も狭くなり、小鼻美人になっています。鼻の形が自然に変化するということはありませんので、何らかの手を加えた可能性もあります。一般的な方法としては、鼻プロテーゼが挙げられます。

鼻のプロテーゼは、プロテーゼを入れる部位や、入れるプロテーゼの長さ、厚み、形などによって、仕上がりが大きく変わります。

スポンサードリンク

プロテーゼのデザインは、原則として、足りない部位に必要な分だけ高さを足し、全体的にバランスの良い整った鼻になるようにします。

入れる部位は、大きく分けて、①鼻根部から鼻背にかけて、②鼻根部のみ、③鼻背部のみ、④眉間から鼻根部~鼻背にかけての4種類があります。

あくまで、大きくざっくり分けると4種類になるということですが、患者様の元の鼻の状態に合わせて、患者様のご希望の鼻を作るので、全てオーダーメイドになります。

鼻プロテーゼは美容整形手術ですので、入院期間が長くなるものと思われがちですが、施術時間は30分、術後の腫れが治まるのは3日から7日ということです。

高橋真麻さんは、基本的には毎日ブログを更新しているのですが、そのブログに掲載する画像が一時期、マスク姿のときもありましたので、ひょっとするとその頃に施術を受けたのかもしれません。

ちなみにネット上では、高橋真麻さんの顔の修正画像が出回っていました。

もはや別人ですね(笑)確かに修正後の画像は美人ですが、個人的には、修正前の画像の方が顔全体がいきいきとしていて良いと思うのですが、皆さんはどう思われますでしょうか。

ちなみに、高橋真麻さんは、自分自身が保有するスマートフォンにまで鼻が大きいことを指摘された過去があるようです。

SNOWとは顔のパーツを認識して自動で加工してくれる世界的に人気のアプリ。顔のパーツを識別した上で、頭にうさぎの耳をつけたり、目をアニメのような目に変えてくれたりします。そのSNOWで鼻の穴が目と誤って認識された過去を、高橋真麻さんがブログで明かしていました。

『すべらない話』に出てきそうな話ですが、こういった”汚れ”な一面を見せてくれるところも好印象ですね。

 

高橋真麻の鼻は遺伝?

高橋真麻さんの父親は俳優の高橋英樹さん、母親は元女優の小林亜紀子さんですが、お2人の鼻を見てみると、どちらも鼻が大きいことがわかりますので、高橋真麻さんの鼻は両親から受け継いだ遺伝であると言えます。鼻の形という点でみると、母親の小林亜紀子さんに似ています。大きさは父親の高橋英樹さんに、形は母親の小林亜紀子さんに似ていると言えます。

ないものねだりにはなってしまいますが、鼻の形は今のままで、大きさが小さければ今以上に美人だったと思うと、大変失礼ではありますが残念な気持ちになってしまいます。

 

高橋真麻の鼻をいじったら?

高橋真麻さんはバラエティ番組などで活躍をされていますが、一緒に出演をしている芸能人の方たちから、いじられるそうです。特に大き目で特徴的な鼻をいじられること多いそうです。

スポンサードリンク

この件で最も世間を賑わせたのが、俳優でタレントの坂上忍さんです。

フジテレビ系のトークバラエティ『バイキング』で、松岡修造さんの長女が宝塚音楽学校に合格した話を放送した際、坂上忍さんが高橋真麻さんの鼻についてひどいディスりをして、視聴者から怒りをかいました。

高橋真麻さんが宝塚音楽学校についての豆知識を披露した直後のことです。

すると、そんな様子を見た坂上が高橋に宝塚に入りたかったのかを訊ね、それに高橋も「ずっと好きで憧れがありました」と返答。しかし、ここで坂上は「鼻で断念したの?」と、本人がコンプレックスにしている上向きの鼻をイジる暴言を吐き、高橋もショックを受けていた様子だった。

歯に衣着せぬ物言いが人気の理由でもある坂上忍さんですが、少々やり過ぎた感がありました。ですが、当の高橋真麻さんはすかさず神対応をしました。

他人の容姿をネタにした不快感を感じさせるような言動に、「自分の顔を見てから言え」「全然笑えない」といった感想を持つ視聴者が多かったようです。

しかし、高橋真麻さんは「いじってもらってありがたい」「私の鼻はいじってもいい鼻」と坂上忍さんをフォローしていました。

芸歴で見ても年齢でみてもうんと年下な高橋真麻さんが、坂上忍さんの上を行った瞬間でした。まさにあっぱれですね。

彼女自身もけっして嫌がる様子はなく、むしろタレントとして美味しいなと感じているみたいですね。

「いじられることが美味しい」とは、まさに芸人の発想ですが、こういったおおっぴろげなところが、数々の番組に出演できている所以ではないでしょうか。

芸能界のサラブレッドとして生まれ、元フジテレビのアナウンサーという経歴があれば、普通は偉そうぶったり、高飛車な態度をとったりしそうなイメージですが、高橋真麻さんには一切そういう言動がなく、スタッフや共演者からも大変気に入られているようです。ご両親の教育方針がしっかりとしたものだったのでしょう。

 

高橋真麻の鼻から鼻毛が出ていた?

高橋真麻さんの鼻から鼻毛が飛び出していたことがあるという情報が出回っていましたので調べてみましたが、それらしき画像はありませんでした。

ブログの中で酸素注入器を用いてリラックスタイムを過ごしている画像が(下の画像です)掲載されていましたので、鼻毛を確認してみましたが、出ている様子はありませんでした。

元局アナで、母親が元女優ですので、身だしなみには人一倍気を遣っているはずですので、鼻毛が飛び出すというようなイージーミスはあり得ないことだと言って良いと思います。

 

高橋真麻はブログで身長や体重を公開している?

高橋真麻さんは知る人ぞ知る大食いで、一日の摂取カロリーが数千キロカロリーにもなるような文量を食しています。その様子をブログ内でも紹介しているのですが、食欲が旺盛な分、体重の増減も非常に激しいため、40キロ代のときもあれば、50キロ代後半、あるいは60キロ目前といったところまで増えた時期もあります。

しかし、身長が162センチあることと、元々のスタイルが良いことから、太ったとしても体型が大きく崩れることがないのも高橋真麻さんの特徴です。

実はかなりの巨乳であることが知られている元フジテレビのフリーアナウンサー、高橋真麻。

服の上からでも、はっきりと分かるバストライン。適度な重量感がある、キレイな胸は女性でもついつい見てしまします。男性はもちろん釘付けですよね…。

なんと高橋は自分で胸の重さを測ったそうで、『片方で1キロだった』そうです。

鼻だけではなく、スタイルについても基本的には聞かれれば何でも答えるというスタンスの高橋真麻さんですので、番組スタッフや共演者からは、真面目な情報番組だけではなく、おちゃらけたバラエティ番組でも視聴者の目を惹き付けることができる存在として重宝されているようです。

そろそろ結婚をという年齢に差し掛かっていますが、当の本人はそこまで結婚に対する焦りを感じている様子はなく、今のお仕事を精一杯頑張りたいという気持ちの方が強いようです。

今後も益々、視聴者に勇気と元気を与えるような活動をしていただきたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

-芸能人

Copyright© 記憶に残る芸能ワダイ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.