誰もが知りたい芸能人に関するマル秘情報を提供していきます

記憶に残る芸能ワダイ

芸能人

イモトアヤコのかわいい画像が卒アルから流出?メイクや素顔がドラマで?

投稿日:

Pocket

今回は、お笑いタレントのイモトアヤコさんについてご紹介したいと思います。

『世界の果てまでイッテQ!』で数々の偉業を成し遂げて大活躍中のイモトアヤコさん。番組では太い眉毛の独特なメイクで視聴者の笑いを誘っていますが、素顔や普段のメイク姿可愛いと話題になっています。

イモトアヤコの可愛い写真に目が釘付け?

鳥取県出身のイモトアヤコさんは2004年に文教大学に進学し、大学3年生のときにWCS三期生として入所しました。フォーリンラブ結成前のバービーさんとコンビを組み「東京ホルモン娘」として活動していました。その後、イモトアヤコさんは「世界の果てまでイッテQ!」で珍獣ハンターとして出演し、人気となりました。

イモトアヤコさんは鳥取県西伯郡にある岸本町立岸本小学校(現在は伯耆町立岸本小学校)に通っていました。幼い頃から運動神経が良く、当時はバレーボール部キャプテンを務めるなど、みんなの人気者でした。

岸本小学校を卒業した後、岸本町立岸本中学校(現在は伯耆町立岸本中学校)に進学してからは、陸上競技部に所属し短距離を専門競技にして活動していました。中学3年生のときに行われた総体(鳥取県の陸上競技大会)では、6位入賞を果たすなど、人気だけではなく実力も兼ね備えた有名人だったようです。部活動の傍ら、生徒会の副会長もしていたようで、当時からしっかり者の一面を見せていました。

中学校時代のイモトアヤコさんは、意外な経験もしていました。中学2年生のときに行われたモーニング娘のオーディションに応募していたのです。何とこのオーディションは、第3期メンバーである後藤真希さんが合格したときのオーディションだったのです。

 

スポンサードリンク

結果は、書類審査の時点で不合格だったそうですが、運動だけではなく、歌や踊りにも興味があったんですね。

岸本中学校を卒業した後は、同じ鳥取県内にある鳥取県立米子西高等学校に進学しました。文武両道の精神で、学業と部活動の両立を図ることをすすめており、イモトアヤコさんはハンドボール部キャプテンを務めていました。

小学生の頃はバレーボール、中学生の頃は陸上競技、高校生の頃はハンドボールと、体を動かすことが得意で、性格も明るく活発なのかと思いきや、実は意外にもおとなしく、周囲に気を遣うタイプだったそうです。

米子西高等学校は男女共学でしたので、男子生徒の友達が多かったのは事実ですが、同じ米子西高等学校内には彼氏はいませんでした。

他校に通う彼氏がいたようで、その彼氏と雨が降る中でキスをした経験をテレビに出演した際に語っていました。これを見た視聴者は、実はイモトアヤコは可愛いんじゃない?という噂が流れ始めました。

高校3年生のときに行われた学園祭のミスコンではグランプリを獲得、さらには、当時の演劇で主演女優賞、エンターティナー賞などなど、タイトルを総なめしたそうです。

ちなみに、この当時は気志團のものまねを全校生徒の前で披露し、大絶賛されたということです。

やはりこの当時から、一般の高校生とは違う何かを持っていたんですね。

そんな華々しい高校生活を終え、米子西高等学校を卒業したイモトアヤコさんは、文教大学情報学部に進学します。

大学生時代は映像関係のゼミに所属し、番組制作の実習などに取り組んでおり、目標はディレクターだったと言う。もし芸能人になっていなかったら、ADをやっていたと思うと話していたが、実際に学生時代にADのアルバイトをしている。

中学生の頃にモーニング娘のオーディションを受けていたぐらいですから、てっきり演者志望かと思っていただけにとても驚きました。

スポンサードリンク

自分もなりたかったモーニング娘。(当時)の辻希美のための企画で食べ物を探しに行かされるなどの雑用を経験、アイドルと自分との格差を思い知らされて一層芸能界への思いを強くしたという。

同じ演者でも、アイドルという形で世間に認知されるのではなく、自分の経験や特技を生かすことができるポジションを探し求め続けた結果が、今のイモトアヤコさんなのでしょう。

 

イモトアヤコの最もかわいい画像は卒アルではない?

和風な顔ですが、世間一般のレベルでいうとカワイイですよね。とくに顔の上半分、目のあたりはなかなかのレベルだと思うのですが・・・

芸人として普段見せている姿からは想像がつかないです。

しかも、「イッテQ」では引き締まったスタイルを何度もみせていますよね。

(一時期激太りしましたがw)

こうして考えると、ルックス、スタイル共に女性としてのレベルは高いように思います。

モデルさんや女優さんと比較すると元も子もありませんが、『世界の果てまでイッテQ!』で見るお笑い芸人イモトアヤコとは打って変わって、清楚なお嬢様といったイメージです。

ネットでは、イモトアヤコの卒アル画像が流出したと騒ぎになっていました。卒アル画像がかわいいとの情報もありましたので、早速その画像を探してみると見つかりました。それがこちらです

失礼しました。卒アル画像ではなく、テレビ演出用の出で立ちでした。

本物の卒アル画像はこちらです。

キャラが立っていて面白いのですが、かわいいというのとは違う気がします・・・。

中学生の頃の同じクラスにこういう感じの生徒がいたなと、どこか懐かしく思えるような画像でした。

 

イモトアヤコの素顔が可愛い?

イモトアヤコさんは、2016年7月に日本テレビで放送されたドラマ『家売るオンナ』に出演していましたが、そのときのドラマ中での画像だけではなく、オフショットがかわいいと話題になっていました。

この画像は、撮影の合間に仲村トオルさんと一緒に写メを撮っている画像ですが、普通にかわいいですよね。

ただ、演技への評判となると、中には手厳しい意見もあったようです。

まず、「上手い派」の意見を紹介すると・・

「イモトさんの演技も毎回楽しい」

「イモトの演技そこそこ上手くて笑う」

「イモトがクズに見えてしまうあたり意外と演技うまいのでは?」

「イモトの泣き演技はギャグのように見えるけど、あれが本当よね」

と、イモトアヤコさんのキャラクターに合った演技に評価がされています。

一方、「下手派」の意見は…

「イモトの演技見てるとなんだか胸クソ悪くなってくる」

「イモト、演技下手」

「普段からネタやってる芸人だと、芝居もできそうだけど、イモトの演技って微妙」

「イモトの演技が受け付けない。台詞の間が悪い?なんだか見ていてわざとらしいというかしっくりこないけど」

全体的に見てみると、イモトアヤコさんの演技というより、イモトアヤコさんが本来持つキャラクターに良くも悪くも注目が集まっているようです。

お笑い芸人イモトアヤコのイメージが強すぎて、女優としてのイモトアヤコさんに感情移入することができないという視聴者も数多くいるものと思われますが、女優として数多くの役柄を演じていくうちに、徐々にイメージが浸透していき、イモトアヤコさんに対する評価も上がっていくはずですので、今後のご活躍を期待したいと思います。

 

イモトアヤコのメイクが可愛いと話題?

イモトアヤコさんが、お笑い芸人としてではなく一人のアラサー女性としてメイクをした際の画像がかわいいと話題になっていました。上の画像がその画像なのですが、光の当たり具合もあるのでしょうか、色白で黒髪のストレートパーマがとてもしっくりきて、かわいいというよりも美人という方が正しい画像です。

『世界の果てまでイッテQ!』での活躍を続けつつ、女優という新たな領域で生まれ持った才能を思う存分発揮していっていただきたいと思います。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

-芸能人

Copyright© 記憶に残る芸能ワダイ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.