誰もが知りたい芸能人に関するマル秘情報を提供していきます

記憶に残る芸能ワダイ

芸能人

篠田麻里子の現在の年収は?仕事を解雇された?ブランドが倒産?画像あり。

投稿日:

Pocket

今回は、元AKBの篠田麻里子さんについてご紹介したいと思います。

篠田麻里子の現在について

元AKBでトップアイドルとして活躍していた篠田麻里子さんの現在の仕事年収プライベートに迫ってみたいと思います。

 

篠田麻里子の現在の仕事は?年収はいくら?

篠田麻里子さんの絶頂期といえば、2012年から2014年頃で、当時はAKB総選挙でトップ5入りを果たしたり、自身でファッションブランドを立ち上げ、プロデューサー兼デザイナーとして活躍するなど、マルチな才能を発揮していました。

この頃の年収は、2012年が2000万円、2013年が3800万円、2014年が5000万円です。

そんな篠田麻里子さんですが、2013年7月にAKBを引退して以降は、テレビへの露出機会が激減し、世間では仕事と年収が減ったのでは?と噂されています。実際のところはどうなのでしょうか。

調べてみると、現在の仕事の中心は女優業のようです。2017年にMBSの『ごぶごぶ』に出演した際に、ダウンタウンの浜田雅功さんからこれまでや今後の仕事について聞かれた篠田麻里子さんは、AKB時代を含めて、これまでしてきた仕事の多くは、自分のしたいことというよりは、事務所やプロデューサーの意向に沿ったものだったことを告白しています。

そして、今後の展望については、テレビ出演にこだわらず女優の道を歩んでいきたいと語っていました。2008年から務めてきた雑誌『MORE』の専属モデルの仕事も、2018年7月号をもって卒業していますので、その決意に揺るぎはないようです。

現在は、映画やドラマや舞台に出演しながら、女優としての階段を一歩一歩着実に登っている最中です。最近では、活躍の場を時代劇にまで広げています。

スポンサードリンク

2017年にBS‐TBSで放送されていた「水戸黄門」で詩乃役(由美かおるさんの後釜のくノ一役)に抜擢されたことで話題になりました。

気になる世間の評判については・・・。由美かおるさんのイメージが強すぎたためでしょうか、篠田麻里子さんの入浴シーンは微妙との印象をもった人が多かったようです。

少々、無理があったというか、年齢が若すぎたのでしょうか。女優としての深みが出てくれば、適役となる可能性がありますが、今はまだ時期尚早だったようです。

主演や主役ではないため、出演ギャラは安いと思われますので、全盛期と比べると年収は下がったのですが、2016年年収は3800万円とのことです。下がったといっても一般人からすれば相当な金額ですし、何よりも、これまでのような事務所やプロデューサーの意向に沿った仕事ではなく、本当にやりたい仕事に没頭することができているため、充実した毎日を送ることができているようです。

 

篠田麻里子の現在は劣化した?

一世を風靡した女性有名人に、必ずといって良いほどつきまとう話題が劣化についてです。30代に突入した篠田麻里子さんについても、「劣化した」、「老けた」、「顔が変わった」などという噂が流れていますが、果たして本当なのでしょうか。昔と今の画像をいくつか見ながら確認してみたいと思います。

これはデビュー当時の画像です。顔がふっくらとしていて、髪型もストレートパーマが可愛いですね。

これはAKBの中心的メンバーとして大活躍していた頃の画像です。デビューした頃の画像と比べると、若干頬のふっくら感がなくなった印象ですが、肌がきれいで短髪がとても似合っていました。

そしてこの画像が、現在の最新画像です。口元や頬にたるみのようなものが見受けられますが、これは、以前と比べてメイクが薄くなったことも影響しているものと思われます。アラサーという年齢を考えると、少々のしわやたるみは出てくるものです。劣化したというほどのことでもないように感じるのですが、皆さんはいかがでしょうか。

 

篠田麻里子は解雇された?消えたその理由は?

篠田麻里子さんをインターネットで検索すると、「篠田麻里子 解雇」というキーワードがヒットします。これはどういうことなのでしょうか。調べてみると、いくつかの説が出てきました。

 

篠田麻里子が解雇(消えた)理由①:口の軽さ

AKBのプロデューサーである秋元康さんは、最年長だった篠田麻里子さんを重宝しており、一緒に食事に行くような仲だったそうです。そんな秋元康さんの逆鱗に触れるような失態を、篠田麻里子さんは犯してしまったようです。

スポンサードリンク

篠田は運営サイドの上層部、トップ陣営とも連絡を取り合ったり、食事に行くほどの仲だったが、彼らがついしゃべってしまった機密事項を、篠田はほかのメンバーやスタッフに言いふらしてしまったという。

これはマズいですよね。

そのことが問題視されるようになり、何度か篠田本人も注意を受けたようですが、その悪癖に改善はなく、所属のサムデイや直属のバーニングプロダクションとも調整を行った結果、強制的に卒業させられることになってしまいました。

口は災いの元と言います。身から出た錆と言われれば、反論のしようもありません。

 

篠田麻里子が解雇(消えた)理由②:性格の悪さ

最年長だったことから、AKBメンバーからすれば頼れる存在だった篠田麻里子さんですが、性格に問題があったとも言われています。

女性ファッション雑誌「MORE」のインタビューで「天狗だった?」というストレート過ぎる質問に篠田麻里子は「でしょうね。やっぱり売れちゃったから(笑)」と素直に発言し、さらには「なんでも誰でも思い通りに動くと思ってた」と大胆な言葉で、当時の“上から”心境もぶちまけている。

何と、自分でも認めてしまっているんですね(笑)ストレートな質問にストレートな返答をするところが篠田麻里子さんらしいです。

特に雑誌などの取材などへの対応などは雑誌媒体によって態度を変えたりと、その天狗っぷりを発揮していたと言われています。

最年長とはいえ、一気にトップアイドルの階段を駆け上がったわけですから、天狗になってしまう気持ちも理解できないわけではありません。

 

篠田麻里子が解雇(消えた)理由③:愛人関係

篠田麻里子さんは、とある社長の愛人だったと言われています。その社長というのが、AKB48・SKE48・HKT48の運営管理会社であるAKSの社長、窪田康志さんです。

愛人関係である証拠として、窪田康志社長は競走馬を20頭以上も所有する馬主である事から、お気に入りの篠田麻里子さんを競馬番組『うまプロ』のレギュラーに起用した事実があります。

そういえば、篠田麻里子さんは一時期、JRAのCMにも出演していましたね。

篠田麻里子さんが窪田康志さんと出会った場所は、篠田麻里子さんがAKB48に加入する前に働いていた職場だったようです。

篠田麻里子さんはAKB48へ加入する前にキャバクラで働いていた事実があるらしく、そのキャバクラに足を運んでいたのが窪田康志社長。勿論のことお気に入りは篠田麻里子さんでした。

当時働いていたキャバクラの店名は『ガイア』で、当時の名刺や店で働いている篠田麻里子さんの画像もあります。

源氏名『涼』として人気を集めていた篠田麻里子さんをヘッドハンティングし、オーディション無しでAKB加入を決めたようです。篠田麻里子さんが本当に窪田康志さんの愛人であったとすれば、事務所の上層部と食事をする仲にあったことや、多数のCMに出演していたことも納得できます。

7月24日発売の「週刊文春」(文藝春秋/7月31日号)は、AKB48の運営会社AKS社長、窪田康志氏の突然の退任が関係していると報じている。かねてより、AKS内では窪田氏の放漫経営が問題となっており、業を煮やしたAKSの親会社であるパチンコメーカー京楽が、窪田氏の持つAKSの株を買取り、社長退任を決定したという。窪田氏の問題経営には不透明な資金の流れも含まれ、そのひとつとして、AKSからリゴレへの巨額な貸し付けがあったというのが、「文春」の見立てだ。さらに、窪田氏が篠田のブランドに大金を注ぎ込んだ理由として、かつて同誌が報じたように、2人が愛人関係にあったからとの見方もあるようだ。

社長退任を機に、篠田麻里子さんの仕事は激減し始めます。これらの状況や情報を察知した秋元康さんが、先手を打って篠田麻里子さんを卒業させたと考えることもできます。

 

篠田麻里子のブランドが倒産した?

元AKB48でタレントの篠田麻里子がプロデュースするファッションブランド「ricori(リコリ)」が、7月15日をもって全3店舗を閉鎖すると発表。リコリの運営会社である株式会社リゴレも営業を停止し、自己破産すると報じられた。

ricoriは、かなり短期間で事業規模を拡大させたファッションブランドでした。

「ricori」は10~20代の女性をメインターゲットとし、婦人服やシューズ、アクセサリー類を販売、それらの監修やデザインを篠田が行っていたという。また、2013年2月に「ルミネエスト新宿店」を出店すると、同年3月には「HEP FIVE店」「心斎橋オーパ店」、同年8月には「博多阪急店」と次々に出店するほか、ネット通販事業も手がけていた。しかし、昨年8月には心斎橋オーパ店を閉店し、HEP FIVE店と統合していた。

急成長を遂げた篠田麻里子さんの肝煎りブランドが突然閉鎖に追い込まれた背景には、先ほども書いた窪田康志さんの退任が関係しているものと思われます。

ネットでは、ricori(リコリ)の店舗閉鎖について以下のようなコメントがあがっていました。

「デザイン可愛くないし、値段は高いってそりゃ売れないよ」

「(篠田の)私服ダサいのに、ブランド立ち上げることに無理がある」

税金対策のためにとりあえず出店してみたんでしょ」

辛辣な意見が大半を占めていて、少々気の毒な気もしますが、それもこれも有名人だからこそ。逆境をはねのけて、今後は女優としての成功を収めてもらいたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-芸能人

Copyright© 記憶に残る芸能ワダイ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.