誰もが知りたい芸能人に関するマル秘情報を提供していきます

記憶に残る芸能ワダイ

芸能人

鳥越俊太郎の女性問題は裁判で結審した?現在のがんのステージは4?

投稿日:

Pocket

今回は、鳥越俊太郎さんについてご紹介したいと思います。

鳥越俊太郎の女性問題が低次元過ぎる?

ジャーナリストとして、政界や財界に対して歯に衣着せぬ物言いで人気を博し、東京都知事選挙に出馬するなど、華々しい活動をしていた鳥越俊太郎さんですが、都知事選後はその姿を見ることがほとんどなくなりました。その理由を調べてみると、鳥越俊太郎さんの女性を巡るトラブルが浮かび上がってきました。

 

鳥越俊太郎の女性問題とは?

騒動が起きたのは2002年の夏のことです。20歳の女子大生に対して強引にキスしようとし、さらにはラブホテルに誘ったということです。

記事によると、鳥越氏は平成14年夏、当時20歳の大学2年生の女子学生を自身の別荘に誘い出し、「二十歳にもなって、そんなことを知らないのか」と強引に迫った。また、翌日、東京に戻る車中で「ホテルに行こう」と誘ったという。

鳥越俊太郎さんは報道を完全否定していますが、もしこれが事実であればとんでもない話です。

古い話がなぜ蒸し返されたのかというと、A子さんには当時付き合っている彼氏がいた。心に深い傷を負ったA子さんから話を聞いた彼氏が怒って鳥越氏を呼び出し、鳥越氏は「反省している。もうテレビから引退する」といったというのだ。

その後、彼氏とA子さんは結婚している。鳥越氏のことは思い出さないようにしていたのだが、今回の出馬で彼はこう覚悟したという。<「私がこうして告白したことで、妻はまた苦しむでしょう。それでも、あの男が都知事になることだけは許せません」>

これに対して鳥越俊太郎さんが取った行動は、A子さんの旦那さんがリークしたという内容を記事にした週刊文春と週刊新潮を、名誉棄損と公職選挙法違反で告訴するというものでした。

スポンサードリンク

しかし、鳥越俊太郎さんへの逆風は収まるどころか激しさを増していきます。

女性問題をめぐる記事を掲載し、名誉毀損(きそん)と公職選挙法違反の罪で鳥越氏から刑事告訴された週刊文春と週刊新潮の編集長らについて、東京地検特捜部は23日、不起訴処分とした。関係者によると、嫌疑不十分とみられる。

ジャーナリストである鳥越俊太郎さんと大学生が知り合う機会は何だったのかと思い調べてみると、鳥越俊太郎さんの肉食っぷりが明らかになりました。

女子大生知り合いの大学教授のゼミに顔を出したり、そこで知り合った学生連中と自分の別荘に招きパーティをしたりしていたそうです。招いた学生の中の一人がどうやらおメガネにかなったらしく、許されるかと思ったのか、迫った所逃げられた・・・

この記事が出たのが都知事選の直前でしたので、同じく知事選に立候補していた他の陣営から差し向けられた情報なのかもしれませんが、火のない所に煙は立ちません。自分のゼミ生でもない学生を別荘に呼んだ時点で、下心があったと思われても仕方のない状況です。

当の鳥越俊太郎さんは、刑事告訴が不起訴処分となって以降、民事訴訟は起こしていません。

元衆議院議員の中田宏さんによると、刑事告訴とその後の状況については、意外な事実が存在することが判明しました。

出版社・報道機関を名誉毀損で刑事告訴しても99.9%起訴されることはなく、確か戦後に1件あったきりと記憶していますが、刑事告訴しても「名誉毀損の刑事事件かどうか」と外形的で判断しかされず、内容の真実については全く立ち入らないのです。

内容の真実について立ち入らないのであれば、鳥越俊太郎さんが行った刑事告訴は何の意味があったの?という気になります。

刑事告訴では99.9%裁判になりませんが、民事訴訟は100%裁判になる→必ず当事者が出てくる→中身に立ち入る→ウソか本当か裁判で争うことになるからです。

つまり、刑事告訴だけを行い民事訴訟までは行っていない鳥越俊太郎さんは、世間に対するポーズをしただけということになります。これでは、女子大生に対して行った行為が完全にシロだったとは言えないですね。

 

鳥越俊太郎の女性問題は昔にもあった?

その昔、当時の民進党(現在は解党されている)が、鳥越俊太郎さんに国会議員選挙への出馬要請を打診しようとしていたことがあるそうなのですが、女性問題が原因要請をしなかったようです。

鳥越俊太郎さんと一緒に仕事をしたテレビ局のスタッフは以下のように語っています。

「鳥越さんはとにかく女好き!テレビに出るようになってからは、食事にいってもTBSのあの女子アナはどうで、テレ朝の女子アナは、、、という女性の話ばっかり女子アナのプライベートに異常に詳しかった。鳥越氏は天性の女好きだな、と思いました。」

スポンサードリンク

しかも、相手女性は複数いたようで、女子アナの他にも、一般人女性ファッションアドバイザー等、枚挙に暇がない状態だったそうです。中でも、ファッションアドバイザーの女性とは深い仲で、どうやら愛人関係にあるということです。

さらに衝撃の事実が判明しました。鳥越俊太郎さんが出演していた番組ADと不倫関係にあったというのです。しかも、その女性を妊娠させたというのが驚きです。その女性には、離婚して一緒になるからと伝えておきながら、女性が妊娠したと分かった途端に、中絶を迫り別れを切り出したということで、精神的に追い込まれてしまったこの女性は自殺してしまいました。

憶測だけで物をいうのは良くないのですが、これだけ女性関係の話題が出てくると、先ほどの女子大生の件は限りなくクロに近いのではないかと思ってしまいます。

 

鳥越俊太郎の女性問題は法廷闘争になった?

 

これまで数々の女性問題を週刊誌にすっぱ抜かれてきた鳥越俊太郎さんですが、これらの問題はすべて法廷で処理されてきたのでしょうか。その辺りを調べてみました。

淫行疑惑の事実関係について、弁護団の一人である弘中惇一郎弁護士は本紙の取材に「こちらが認めているのは、Aさんを含めた複数名で別荘に行ったこと。その後Aさんの交際相手であるBさんと話し合いの席を持ったことの2点のみ。Aさんに性的関係や強引にキスを迫った事実は一切ない」としている。

これくらいの内容なら、鳥越氏本人が説明してもよさそうだが、説明責任は果たさないらしい。

今回の件に限らず、これまでも女性問題が取り沙汰される度に、鳥越俊太郎さん本人が表に出てくることはほとんどなく、代理人の弁護士が代弁するというスタイルを貫いています。

そして、会見に姿を現したとしても詳細は一切語らず、刑事告訴するの一点張りを繰り返しています。

鳥越氏はこの日の会見で「十数年前に新潮が取材に来て、私は虚偽であると否定したが、書こうとして最終的には書けなかった話を新しい話は何もなく、蒸し返している。文春と同じように刑事告訴すると法定代理人と連絡を取り合っている」と発言。

刑事告訴をした後、週刊誌側が起訴されることは一切ないため、法廷闘争とはならず、鳥越俊太郎さんの過去のスキャンダルが次々に暴かれて行ってしまうという(鳥越さんにとって)負のスパイラルに陥ってしまっています。

 

鳥越俊太郎の癌治療とステージについて

鳥越俊太郎さんは、2005年に大腸ガンであることを公表し、2007年には肺にガンが転移していることを公表しました。そして、いずれのガンに対しても手術をしています。

「それほど驚きはなかった。考えてみれば手術で悪い部分を取り除けばいいのです。今の手術は体への負担も少ない。直腸がんは手術後12日で、肺がん4日後に退院です。1週間しか入院しないので、番組は冬休みを利用して、しかも日焼けサロンで顔を焼いてからもどったら、誰も手術を受けたなんて分からない。グアムかハワイで遊んできたなと思われていました。

このように、癌治療に対して前向きに捉えていた鳥越俊太郎さんですが、肝臓に癌が転移したときの手術は相当きつかったようです。

「去年の2月に受けた肝臓がんは違った。1.8センチのがんがみつかり、開腹手術をやりましたが、これは自分でもよく頑張ったと思うほど、大変な手術でした」

過酷な手術が無事に成功し、東京都知事選に立候補することを表明したときのインタビューで、体調面について問われた鳥越俊太郎さんは以下のように語っています。

「大腸がんから始まって肺、肝臓と4回手術しました。大腸がんはステージ4でした。4期のがんを経験しました」

ステージ4ということは、癌を手術では完全に除り切ることができないため、抗癌剤治療を施すケースが多いようですが、鳥越俊太郎さんも苦しい抗癌剤治療を経て復帰したようです。

「しかし、大腸がんからは11年、最後の肝臓の手術から7年たっています。5年生存率は完全にクリアしています。10年生存率にはあと2年くらいありますが、がんになる前より、今は元気なんです。健康です。今は人生の中で一番健康だと自分では思っています」

これまで健康に気を遣った生活習慣ではなかったと振り返る鳥越俊太郎さんの現在は、周囲も驚くほどの豹変ぶりだそうです。

ジムに週3回通い、睡眠は最低6時間。食事は魚と野菜を中心とした内容で1日2食にし、酒やタバコをやめるなど生活のスタイルが大きく変わった。がんのおかげで仕事も約3倍に増え、テレビやラジオへの出演、講演やシンポジウムなどで全国を飛び回っている。

仕事では、インターネットニュース「オーマイニュース」編集長に就任し、様々なメディアに出演しています。また、癌サバイバーとして自身の癌にまつわる著書を出版したり、NPO団体の様々な活動に積極的に参加するなど、自身の経験を世間に伝えたいという思いで活動しています。

数々の女性問題で世間を賑わせた鳥越俊太郎さんですが、癌を経験したことで、人生観に大きな変化が見られたようです。残りの人生を少しでも世のため人のために役立てたいという思いで活動する鳥越俊太郎さんの今後に注目していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

-芸能人

Copyright© 記憶に残る芸能ワダイ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.