誰もが知りたい芸能人に関するマル秘情報を提供していきます

記憶に残る芸能ワダイ

芸能人

神保悟志の娘の学校はどこ?遠藤憲一と似てる?嫁の鮎ゆうきは病気なの?

投稿日:

Pocket

今回は、俳優の神保悟志さんについてご紹介したいと思います。

神保悟志の子供や嫁について

昼ドラの帝王として名が通っている神保悟志さんですが、意外にもプライベートに関する情報が少ないのが現状です。そこで、神保悟志さんのご家族の状況や、奥様との馴れ初め、さらには知られざる過去についても迫ってみたいと思います。

 

神保悟志の娘は何人?学校はどこ?

神保悟志さんは2001年6月に結婚し、現在2人のお子さんがいます。2人とも女の子です。

奥様が2006年に仕事に復帰されていますので、2001年から2005年の間に生まれたということになります。

都内の私立高校に通っていた(いる)というのは間違いないのですが、青山学院中等部・高等部ではないかと言われています。

娘さんは2人ともとても美人のようで、将来はタカラジェンヌになるのでは?という噂もあります。

神保悟志さんは娘さんについて、

「2人の娘の父親になってみて、改めて自分の無謀さと若さの勢いという行動力にビックリします。」

スポンサードリンク

と話しています。

愛娘家の神保悟志さんですが、意外にも2017年夏まで、家族で海外旅行に出かけたことはなかったそうです。

2人の娘さんが生まれてからも、ずっと俳優の仕事が立て込んでいた神保悟志さんですので、家族水入らずでどこかに出かけるということが難しかったのかもしれませんが、今後は、綺麗な奥様と美人姉妹を連れて、グアムやハワイに出国する様子がメディアに取り上げられる日が来るかもしれません。

ちなみに、神保悟志さんに息子がいるという情報がありますが、これは全くの嘘でした。

 

神保悟志の嫁について

神保悟志さんの奥様は、女優の鮎ゆうきさんです。奥様のプロフィールや神保悟志さんとの馴れ初めについてご紹介します。

 

神保悟志の嫁はあのタカラジェンヌ?

 

2001年6月に、女優の鮎ゆうきさんと結婚しました。

本名:神保 美樹子(旧姓:星野)
別名義:ミキコ
生年月日:1966年2月21日
出身地:石川県金沢市
血液型:O型
身長:166㎝
職業:女優
ジャンル:舞台・テレビドラマ
活動期間:1985年~
活動内容:1985年:宝塚歌劇団入団、雪組配属
1987年:娘役に転向
1988年:雪組トップ娘役就任
1991年:宝塚歌劇団を退団、以降女優として活躍

タカラジェンヌだったんですね。ただ単に綺麗というだけではなく、透き通った印象を受けるのもこのためだったんですね。

幼少時は劇団こまどりに所属していました。このとき、NHK『大草原の小さな家』の吹き替え(アリーシャ役)や、『みんなのうた』で歌ったりしていました(「空にはお月さま」)。

劇団こまどりは現在、声優プロダクションとして数々の声優を世に排出している事務所です。出身者には、火野正平さんや志垣太郎さん、富永みーなさんなどがいます。

千葉県市川市にある和洋国府台女子高等学校に入学しますが、1年終了時に宝塚音楽学校に合格し、1985年に同校を卒業した後は、71期生として宝塚歌劇団に入団します。入団時の成績は36番でした。

こんなにも美しい鮎ゆうきさんをもってしても席次が36番ということで、宝塚歌劇団の層の厚さには驚嘆してしまいます。

 

神保悟志と嫁の馴れ初めは?

神保悟志さんと鮎ゆうきさんがの出会いは1999年にTBSで放送された昼ドラ「温泉へ行こう」です。

昼ドラの撮影はセット優先で撮影するため順番はバラバラ、台本50ページ以上を1日で撮ったこともあったそうで、神保悟志さんは過酷な現場だと思っていたそうですが、共演した鮎ゆうきさんは、

この現場は仕切りがいいからラクだ

と言ったそうです。

この言葉に衝撃を受けた神保悟志さんは、徐々に鮎ゆうきさんに心を惹かれていきます。

 

ドラマ撮影という相当ハードな環境下であっても、文句も愚痴も全く言わず、共演者やスタッフに気配りができる鮎ゆうきさんに対して神保さんは

「女優としてもすごいけど、人間としても素晴らしいとして」と思ったそうです。

はじめは俳優としての尊敬の念が強かったのですが、その気持ちが少しずつ変化していき、恋愛対象となっていったそうです。

神保悟志さんから一方的にラブコールを送り続けた結果、交際がスタートします。そして、交際が始まってから5か月後の2001年6月に結婚しています。

数々の女性と浮名を流してきた神保悟志さんですが、鮎ゆうきさんには、他の女性にはない何かを感じ取ったのでしょう。

スポンサードリンク

 

神保悟志は鮎ゆうきにゾッコン?

結婚後は一度もけんかしたことがないそうで、神保悟志さんのマネージャー曰く、どんなに機嫌が悪いときも奥さんからの電話にはニコニコ♡して出られるそうです。

けんかが一度もないなんてことがあり得るの?と思ってしまいますが、神保悟志さんはとことん奥様に惚れ込んでいるようです。

愛妻家の神保さんは、バラエティ番組でも、「妻が大好き」と発言されており、「嫁さんよりもきれいな人を見たことがない」とも言われたそうです。

また、2人の娘さんからも、「パパとママはラブラブだね」と呆れられているようです。

結婚して20年近くが経っているにもかかわらず、ここまで奥様にゾッコンなのはやはり、鮎ゆうきさんが奥様としても女優としても才色兼備だからでしょう。

 

神保悟志の嫁・鮎ゆうきが病気って本当?

鮎ゆうきさんに関して気になる噂がありました。鮎ゆうきは病気なのでは?と言われているようです。早速この噂の真相を調べてみましたが、これは全くの嘘であることが分かりました。

2001年6月に結婚した後、家事と出産・育児のために5年ほど女優業を休業していたのですが、この期間は当然世間には露出がありません。出産・育児のための休業期間に入っていることを知らない人たちから、病気なのでは?という情報が流布したようです。

また、女優業再開後も、結婚前のようなハードスケジュールではなく、主婦業と女優業を両立させながらの生活をしているため、昔の鮎ゆうきさんを知る人たちからは、病気を患っているため、仕事をセーブしているのでは?と心配されてもいたようです。

 

神保悟志は若い頃プレイボーイだった?

鮎ゆうきさんと結婚する前の神保悟志さんは、大型バイクに乗り回したり、数多くの女性と恋の噂が絶えなかったりと、はっちゃけた生活をしていました。

本人も認めていますが、三股をしていたこともあるのだとか。

芸事一筋で生きてきた鮎ゆうきさんと、欲望の赴くままに生きてきた神保悟志さん。一見すると不釣り合いな二人ですが、鮎ゆうきさんの中では、この人と結婚しても大丈夫という女の勘が働いたそうです。そして、その勘は見事に的中したわけです。流石です!

 

神保悟志が昼ドラの帝王になるまでが壮絶?

本名:神保悟志(じんぼ さとし)
旧芸名:神保悟
生年月日:1962年12月3日
出身地:静岡県駿東郡清水町
身長:177cm
体重:70kg
血液型:O型
趣味:総合武術 馬術 英語 野球 ゴルフ
資格:歯科技工士 普通自動車
所属事務所:トライベッカ GT-Z.
学歴:私立三島高等学校(現・知徳高等学校)卒業後、横浜歯科技術専門学校に進学し卒業

歯科技工士の資格がとても気になりますが、本来は役者志望ではなかったのでしょうか?

三島高等学校在学時に役者を志したそうですが、進学校だったため役者になると言えずに、歯科技工士になるためと偽って横浜の専門学校に2年通ってから東京に出たそうです。

今活躍されている役者さんも、ほとんどは親や家族に反対されていたという過去をお持ちですから、神保悟志さんも例外ではなかったということですが、歯科技工士とは、ニッチを攻めたんですね。でも、進学しただけではなく、歯科技工士の資格まで取得されているところから、神保悟志さんの真面目さが伝わってきます。

専門学校卒業後は、両親に嘘を言って学費にと貰ったお金で劇団の養成所に通ったそうです、その罪悪感が凄かったので、これ以上両親に迷惑をかけまいと誓い生活を切り詰めまくっていったそうです。

この当時、どんな生活をしていたのかを調べてみると、驚くべき過去が明らかになりました。

朝の9時から午後2時まで養成所でレッスン、夕方5時まで国立競技場を走ったり恵比寿のスポーツジムで体を鍛えたりしていて、5時半から夜11時半までは、養成所の先輩が紹介してくれた赤坂の料亭の中のクラブでウェイターのバイトの毎日だったそうです。

料亭でのバイトは時給600円で、月20日しか働けず7万円程度にしかならず、なのでギリギリの生活

もっと割のいいバイトはなかったのかな?と思ってしまいますが、当時の神保悟志さんには、この料亭から学べるものがあったようです。

料亭でのバイトは一流料亭の賄いなので凄く美味しく、それに政財界のトップの人達を観察できていい勉強になったそうです。

このときの経験が、会社の重役や高級官僚といったエリート役を演じる際に活かされているのは間違いありません。

そして、29歳の時に正式にデビューし、昼ドラをはじめとして数々のドラマで当たり役を演じていき、今に至ります。

 

神保悟志と遠藤憲一の関係は?

神保悟志さんと遠藤憲一さんが似ているという情報がありますが、写真を見てみると確かによく似ています。特に、目と口元がそっくりですので、2人は血縁関係にあるのでは?と思ってしまいますが、血縁関係にはないようです。

お二人とも各々にしかでいない独特の役柄を演じることが多いので、今後、同じドラマで共演することがあるかもしれません。

想像するだけでも楽しみです。

下積み時代が長く、苦労の時期が長かった分、演技に深みと味が滲み出ている神保悟志さんの今後の活躍に注目していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-芸能人

Copyright© 記憶に残る芸能ワダイ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.