誰もが知りたい芸能人に関するマル秘情報を提供していきます

記憶に残る芸能ワダイ

芸能人

武井壮の生い立ちは嘘?父親や学校・学歴は?兄の病名や幽霊は?

投稿日:

Pocket

今回は、マルチな才能をいかんなく発揮している武井壮さんについてご紹介したいと思います。

武井壮の生い立ちや家が活躍の原動力?

アスリートやスポーツ競技だけではなく、社会問題についても独自の視点で切り込む武井壮さんのルーツについて調べてみました。

 

武井壮の大学や偏差値とプロフィール

生年月日:1973年5月6日
出身地:東京都葛飾区
出身大学:神戸学院大学中央学院大学
職業:タレント、マルチアスリート
身長:175 cm
体重:69 kg
所属事務所:なし

武井壮さんは、東京都葛飾区にある中高一貫教育の修徳中学校を卒業後、内部進学で修徳高等学校へ進学しています。

中高6年間の学業での成績は常に1位だったということです。中高一貫校といえば、中だるみをして成績が落ちる生徒が多い中で、常に1位を維持していたというのはすごいことですね。

ちなみに、中学高校の6年間は、学業優秀者のみに与えられる奨学金をもらっていたため、授業料は全額免除でした。

中学校時代は野球を、高校時代はボクシングをしていたということで、陸上競技畑ではなかったことに驚きました。

修徳高等学校卒業後は、神戸学院大学に進学します。

スポンサードリンク

大学はどこでも良かった。次に進める力を手に入れる4年間を手に入れることが目標だったから神戸に住みたいのと名前がカッコいいのと家賃が安い事で選んだのさ。

神戸学院大学といえば、偏差値が40~42.5ですが、武井壮さんが選んだのは法学部です。

将来今のように肖像権を使ったビジネスをしたかったから法学部かな?くらいの理由。

大学入学当初から、ビジネスをしたかったという点からして、常人とは違いますね。

大学では法学を学びながら、スポーツでは短距離走を始めます。

そして、陸上競技の才能が開花するのは大学3年生の頃。大学入学後に始めた短距離走から十種競技へ転向し、数々の金字塔を打ち立てました。

武井壮さんの身体能力の高さは言わずもがななのですが、実は、十種競技へ転向した当初は、成績が出せずにもがき苦しんだ時期もあったようです。

棒高跳びの強化部長、日体大、日大、筑波大、順大など、陸上競技の強豪大学を巡って、トップ選手の練習や試技を見て聞いて教わって、そこで得た情報を記録して帰り、それらを自分の練習に反映させるということを続けた結果、徐々に成績が上がっていきました。

生まれ持った運動神経の良さはもちろんあるとは思いますが、それだけではなく、努力が実を結んでいたんですね。

十種競技での成績が向上していき、これまで以上に競技に没頭したいということから、神戸学院大学を卒業した後、中央学院大学へ入学します。

2つ目の大学は十種競技で日本一になる目標のため筑波大学と悩んで十種競技の日本の強化部長のいた中央学院を選んだ。

神戸学院大学在籍時から、武井壮さんの競技能力の高さを買っていた中央学院大学陸上部の監督からの誘いもあり、結果的にはスカウトという形で入学したようです。

日本一になるため、優秀な指導者のいるところへ行く。まさにプロの思考方法そのものと言えますが、この選択が最高の栄誉をもたらしてくれます。

1997年の第81回日本陸上競技選手権大会十種競技において、競技歴2年半で優勝します。100m走においては、ベスト記録の10秒54を記録し、この記録は2015年まで、十種競技・100mの日本最高記録でした。

ひたむきに努力を続けた末に掴んだ栄誉ということで、この経験が、その後の武井壮さんの人生に大きなプラスの作用をもたらしました。

神戸学院大と中央学院大を卒業しているけども、隠すことも恥じることも何もないよ。

神戸学院大法学部では、肖像権をはじめ今芸能人として個人事務所で活動する基礎的な知識と陸上での出会いを学んだし、中央学院大では世界でビジネスするための知識と教員免許2つ、陸上十種競技の日本一を手に入れられた。

何事も経験で、時間を無駄にしたくないという武井壮さんの強い思いを感じることができます。

 

武井壮の家族について

武井壮さんが生まれ育った家庭は、父、母、兄の4人家族でした。ですが、決して恵まれた家庭環境ではありませんでした。

 

武井壮の父親があり得ない?

武井壮さんの父親は、武井壮さんが幼い頃に家を出ていったようです。

親父はいたけど、子供の頃には他に家庭を持っていたんです。なので、子供の頃から一人暮らしをしてて。

女性関係で家族を捨てるとは、武井壮さんには失礼ですが、ありえない、無責任な父親だと思います。

ですが、武井壮さんは自身のTwitterで、父親についてこのように呟いてきます。

親父とは小さい時に離ればなれで暮らさなきゃなんなくなった。。

あんまり家庭に縁がなかったけど。。

小さくてなんにもできねえこんな赤ん坊のオレを毎日抱き締めてくれて、食わせてくれて、教えてくれて、自分の足で前に進めるところまで育ててくれた。。

それだけでもう両親には感謝しかねえよなあ。。

人生を頂いたんだもんなあ。。

画像にもある通り、現在は、たまにではありますが2人で食事をすることもあるようです。

完全に武井壮さんの方が、人間的にも精神的にも大人ですね。懐が深いなぁと思います。

 

武井壮の母親は生きているの?

スポンサードリンク

武井壮さんが幼い頃に両親が離婚した直後、母親は家を出て行っていますので、武井壮さんの記憶の中には、母親の面影はぼんやりとしか残っていないようです。

ここでも武井壮さんには失礼ですが、あり得ない母親だと思います。自分名が生んだ子供を置き去りにして家を出ていくなどというのは言語道断だと言わざるを得ません。

ですが武井壮さんは、こんな母親に対しても恨み言は何一つ言わずにこう呟いでいます。

母ちゃんよ、もう35年くらい会ってねえけどよ。。オレの人生は幸せに溢れてるわ。。産んでくれたとっからもう一生分感謝してる、ありがとうな。。どっかで見てたら産んで良かったって思ってくれ。。

このツイートに対して、世間では共感と感動・感謝のコメントが多数あがっていました。

 

武井壮は兄のおかげで強くなった?

両親ともに家を出て行ったため、小学生だった武井壮さんは、お兄さんの武井情さんとの2人暮らしを始めます。

後に武井壮さんは、この当時が一番大変だったと語っていますが、小さい子供が2人だけで生活して

2人で助け合い逞しく生きていましたが、認めたり褒めたりしてくれる相手がいないため、この頃の生活が充足感に溢れていたかというと?が付きます。

ですが、このときの経験が、後の武井壮さんの成功に大きくつながっていることは間違いありません。

 

武井壮の兄は坂上忍の付き人だった?

 

 

「誰かに認められたい」「他人に褒められたい」という気持ちはどんどん強くなり、この気持ちがいつしか、武井兄弟を芸能の道へ誘います。

兄の武井情さんは、中学校を卒業した後、俳優を目指して俳優養成所に入所しました。

しばらくは目が出ず、やっと表舞台に立つことができるようになったのは20歳頃のことで、CMやテレビドラマに出演するようになりました。

その後、22歳か23歳頃に、25歳の坂上忍さんと出会い、付き人になります。

歳が近かったため、武井情さんは坂上忍さんを実の兄のように慕い、仕事だけではなくプライベートでも親交が深かったようです。

 

武井壮の兄は癌だった?何癌?

自分の存在を認めてくれる坂上忍さんの下で、俳優の仕事を学びながら充実した毎日を過ごしていた矢先、23歳の武井情さんの体をが襲います。

病名は小腸癌で、判明した時点で末期状態だったようです。

両親がいない武井情さんの病院の手配や入院の手続き等、身の回りの世話を坂上忍さんが行ったようです。

体調が優れているときには、坂上忍さんが結成していた草野球チームの練習や試合に誘ったりしたこともあったのですが、癌が見つかった1年後、24歳この世を去りました。

坂上忍さんはこれ以降、付き人を一切付けていません。武井情さんのときのような辛い経験をしたくないという思いと、武井情さん以上の愛情を注ぐことができないという思いからだそうです。

武井壮さんがテレビに出演するようになったのはずっと後のことですが、とあるテレビ番組で坂上忍さんと共演した際には、坂上忍さんに対して以下のように語っています。

不安定な生活の兄の面倒を見てくださったり、無名だった兄の俳優デビューを実現してくださったりとか、いつも兄は坂上さんのことを僕に話して、誇らしい顔だったことを覚えています。

そんな兄が病にかかったのは23歳のときでした。常に“もう一度舞台に立つんだ。忍さんたちと共演するんだ”と話していました。葬儀にも参列して弔辞も読んでいただいて、われわれ家族はもとより天国の兄も喜んでいたと思います。

テレビでは冷たい態度を取ることが多い坂上忍さんですが、実際の坂上忍さんは人情味に溢れる温かい人だったんですね。

私がテレビに出るようになって番組の収録でお会いした際にも、忍さんから“お前、情の弟だよな。ごめんな、しばらくになっちゃって”とおっしゃってくださいました。でも謝らなくてはいけないのは私たち家族です。お礼も言えないまま20年以上たってしまいました。大変申し訳ございません。そしてお礼を申し上げたいと思います。兄、情に深い愛情を注いでくださってありがとうございました。

これ以降も、武井壮さんと坂上忍さんが共演することはありますが、共演シーンを見ていると、何とも言えない気持ちに包まれます。

 

武井壮は兄の幽霊を見た?

武井情さんが亡くなった当時、武井壮さんは、陸上の日本代表選考の真っ只中で、日本代表に選ばれそうな時だったようで、兄の死を聞いたときはひどく落ち込みました。

俺ばっかり楽しくて充実してて悪いなと思って。こんなことしてたらダメなんじゃないかとぼけーっとしてた。

ある日の深夜、就寝中の武井壮さんの部屋の窓が開いて、武井情さんが出てきたそうです。

「お前、何やってんだ」「お前の好きなことを頑張りな」「生きてるうちに何でもできる。お前は絶対成功するから。一生懸命やれ、分かったか?」などと武井壮さんを叱咤激励しました。

いかにもお兄ちゃんらしい弟思いのコメントですね。

「おれはこっちでいろいろな有名人と野球をやっててすごく楽しい。大丈夫。好きな陸上頑張れ。じゃあな」と窓を閉めました。

この経験をした後、十種競技の日本チャンピオンになることができたようです。

 

スポンサードリンク

-芸能人

Copyright© 記憶に残る芸能ワダイ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.