誰もが知りたい芸能人に関するマル秘情報を提供していきます

記憶に残る芸能ワダイ

芸能人

宮根誠司の嫁の年齢は?家族や事務所の社長との関係は?画像あり。

更新日:

Pocket

今回は、宮根誠司さんについてご紹介したいと思います。

奥様、お子さん、事務所等々、宮根さんに関する様々な話題を取り上げています。

宮根誠司の嫁について

宮根誠司さんの奥様はどんな人なのでしょうか。

 

宮根誠司は離婚しているの?

1人目の奥様と結婚したのは1993年です。

当時モデルの仕事をしていた女性と結婚したのですが、実はこの女性、

世界でも名が通っている、グラフィックデザイナー黒田征太郎さんの娘さんでした。

2人の間には子供が2人できましたが、2004年に離婚しています。結婚生活は約10年続きました。

当時の宮根さんは、関西で放送されている朝の情報番組で、メイン司会者として活躍中

スポンサードリンク

でしたので、奥様とゆっくり過ごす時間があまり取れず、徐々に夫婦の間に溝が

できていったのでしょうか。

ちなみに、お子さんの親権は奥様にあるようです。

 

宮根誠司の現在の嫁はどんな人?年齢は?

宮根誠司はすぐさま新しい女性との交際をスタートさせ、

何と2004年に2度目の結婚をしています。この方が、現在の奥様です。

名前は「まゆみ」さんで、年齢は宮根さんよりも8歳年下です。

ちなみに、宮根誠司さんは1963年生まれ、奥様は1971年生まれです。

1人目の奥様と離婚して間もない頃であったため、不倫していたのでは?

という噂も立ちましたが、知り合ったのは、宮根さんが最初の奥様と

離婚する前だったということですので、不倫ではなかったようです。

その女性の職業は、出版会社に勤めるOLで、奥様一筋かと思われていたのですが、

2004年6月に、大阪北新地のクラブで知り合った女性(ホステスの仕事をしており、

後に隠し子騒動の渦中の人物となる愛人)とも交際が始まっていました。

しかしこの愛人の女性は、二股を知りませんでした。

2006年8月15日に、現在の嫁と入籍したのですが、そのことを世間に公表していないのは

愛人女性に結婚を隠すためではないでしょうか。

 

愛人との間に隠し子が生まれたときの家族の反応は?

結婚後は、愛人女性と会うことはなかったようですが、急転直下の出来事が宮根さんを襲います。

愛人女性から突然電話がかかってきて、その場で突然妊娠を伝えられたのです。

かなり動揺し困惑したそうですが、中絶という選択肢はなかったそうです。

でも、さすがに新婚当初であるということから、妻へは1カ月遅れで報告したそうです。

その後、腹をくくった宮根さんは、愛人女性が妊娠したことを伝えました。

そのときの奥様は

怒ることもなく、泣くこともなく、1時間近く沈黙を続けた後、

「中絶をしなかったことは正解や。あとは、あなたのできる範囲で、

自己責任でちゃんとやりなさい」

と言ったのだとか。

芸能界という表舞台で活躍する宮根誠司の嫁ともなると、さすがに肝が座っていますね。

普通の女性にはなかなかできない対応だと思います。

 

宮根誠司の嫁の性格がヤバい?

愛人女性が宮根さんと出会った当時は、ホステスとして働いており、宮根さんは独身でした。

つまり、愛人でも何でもなかったということです。

そしてさらに、二股の状態にされていることや、付き合っている途中で

今の奥様と結婚したことも知らされていませんでした。

その状態のまま宮根さんとの関係が続き、子供が産まれたため、

愛人という扱いになったようです。

一方、宮根さんの奥様はというと、愛人女性との間に子供ができたことを

知らされたのは何と出産後のことでした。

怒り狂った奥様は、とんでもない行動に打って出ます。

スポンサードリンク

2008年に、宮根さん夫婦が愛人女性の実家がある四国にやってきたそうです。

2人は近くのホテルに愛人女性の父親を呼びつけ、妻が詰問口調で責め立てたそうです。

宮根・妻→「こんな事になって、どうしてくれるんだ」

宮根さん本人→だんまり…

愛人女性の父→「孫が大きくなるまで守っていくだけです」

愛人女性の父は突然の事に困惑し、そう答えるのに精一杯だったとか。

宮根さんの奥様は愛人女性が裁判を起こさないか気にしていたようですね。

騙されたのは私(愛人女性)の方なのに…。酷い…。

悪いけど、自分は愛人でもなく娘も隠し子ではない!

さらに父親にまでそんな仕打ちを?

怒ったA子さんは宮根誠司さんに直談判します。

しかし宮根さんは、全く聞き入れる素振りを見せないばかりか、

これ以上事を荒立てても良い方向には向かわないから、引き下がれと

言わんばかりの態度を取ったそうです。

それにしても、どうして宮根さんは、自分の地位を下げかねない愛人や

隠し子報道に対して、こんなにも強気でいられるのでしょうか?

 

宮根誠司はあの事務所の社長と関係があるの?

フリーアナウンサーに転向後は、全国区で大活躍するようになった宮根さんですが、

やはり、クリーンなイメージ一色とはいかないようです。

宮根さんがABC放送から独立する際に、司会者でもありタレントのやしきたかじんさん

(2014年に食道癌で死去)が、ABC放送社長に直々に説得したという話があります。

やしきたかじんさんもかなりの大物ですが、さらにネット上で噂されているのが、

宮根誠司が芸能界のドンと繋がっているという噂です。

フリーアナウンサーに転身した後、しばらくは他人が経営する芸能事務所に所属しながら

芸能活動をしていました。

その間に、芸能界でのパイプを太くしていきながら、2010年に、株式会社テイクオフを設立します。

 

株式会社テイクオフ(TakeOFF Inc.)とは

本社:東京都港区三田

設立:2010年3月1日

事業内容:芸能プロダクション、所属タレントのマネージメント 他

代表者:横山 武(宮根誠司のマネージャー)

資本金:1,000万円

主要株主:宮根誠司

所属タレント

宮根誠司(第1号タレント。2010年4月1日 – )

羽鳥慎一(2011年4月1日 – )

宅間孝行(2011年1月1日 – )

立花胡桃(2011年1月1日 – )

ハリー杉山(2013年1月1日 – )

濱田龍臣(フォースプリングスと共同マネジメント、2011年12月 – )

田中みな実(2014年 – )

大村奈央

代表取締役は、宮根さんのマネージャーではありますが、実質的には

宮根さんの会社であることに間違いはないのですが、この事務所の関連先となっているのが

あの泣く子も黙ると言われるバーニングプロダクション

 

宮根誠司が週刊文春に対して強気なのはなぜ?

設立間もない弱小芸能事務所が、大荒波の芸能界で生き残っていくことは至難の業ですが、

そんな中でも活動を続けられるのには、それ相当の後ろ盾があるからだと考えられます。

宮根誠司が設立したテイクオフの後ろ盾だとまことしやかに囁かれているのが、

芸能界のドンと呼ばれるバーニングプロダクション周防郁雄

最強の力をもったドンの後ろ盾があれば、週刊誌のスクープ程度ではびくともしない理由が

理解できます。「司会の仕事が減る」「テレビでは呼ばれなくなる」などの噂も

囁かれていますが、宮根さんご本人はどこ吹く風といったところでしょうか。

 

宮根誠司の年収がヤバい?

最強の後ろ盾を得て活躍する宮根さんの気になる年収はどのくらいなのでしょうか。

情報ライブ ミヤネ屋」のギャラは1本80万円

Mr.サンデー」のギャラは1本200万円と言われていますので、

ざっと見積もっても年収は5億円ほどになります。

娘さんが東京都内の有名私立小学校に通うことになったため、それに合わせて

宮根さん自身も、東京を拠点とした活動をしていく可能性が非常に高いです。

全盛期のみのもんたさんのように、朝昼夜の番組に出演する状態になるのでしょうか。

今後とも、宮根誠司さんに注目していきたいと思います。

スポンサードリンク

-芸能人

Copyright© 記憶に残る芸能ワダイ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.